個の成長と組織の成長のプラスのスパイラルを目指して

freediscussion_ph08

稲垣 研修を終えて現場に出て、見えてきたことはありますか?

早川 先輩方の素晴らしさです。ちょっとした雑談からも、膨大な知識を持っていたり、常にアンテナを張り巡らせていることが感じられて、本当に刺激を受けます。

永田 同感です。数年しか違わないのに上司やクライアントからの信頼が厚く、自分が新人だった頃に苦労したことは、先回りして教えてくださるなど、人間的に尊敬できる方が多いですね。

佐藤 金融事業部では、朝早めに来て自主的に勉強している方が多いのですが、皆さん、すごく楽しそうなんです。努力を楽しむということは、私も見習っていきたいです。

 見習いたい先輩が近くにいるのは、とても幸せなことですね。ぜひ真似してほしいです。そうして一人ひとりが地力のあるプロフェッショナルとなることで当法人も成長し、より魅力的になっていく。そうなることで、さらにトーマツは各人の自己実現を加速していく。そんなプラスのスパイラルをつくっていきたいですね。

稲垣 最後に、今後の抱負をお願いします。

行澤 先ほど稲垣さんがおっしゃっていましたが、僕は仕事をする中で自分の適性や才能を見つけ、開花させるタイプだと思います。ですから今は、目の前の仕事から知識やスキルを貪欲に吸収したいです。

永田 まずは確実にできることを増やしたうえで、仕事やチームの全体を意識して動けるようになりたいです。そして、付加価値の高いサービスを提供していきたいですね。

freediscussion_ph07

早川 海外を視野に入れているので、シニアスタッフになるまでには、英語に自信が持てるようになっていたいと思います。

佐藤 公認会計士は独立性を持ってクライアントや社会に貢献する職業です。信頼される会計士となるために、社会人としても、そして専門家としても成長し続けていきたいです。

 頼もしいですね。ぜひともトーマツという環境を存分に活用して、それぞれの才能を開花させていってください。当法人の未来を担う皆さんに、大いに期待しています。

稲垣 皆さん、本日はお忙しい中、ありがとうございました。