個々の能力を開花させる仕組みとサポート

トーマツでは、Quality firstのスローガンのもと、長年にわたり、プロフェッショナルとしての経験と専門知識に基づいた高品質なサービスを提供し、「品質のトーマツ」として着実に信頼を構築してきました。今後も高品質なサービスを提供していくためには、「人」が最も大切であると考え、人材育成に力を入れて取り組んでいます。

人材育成の基本理念

経済社会からの要請に真摯な姿勢で対応し、高品質なサービスを提供する、信頼性の高いプロフェッショナルを育成・輩出する

  • 知識やスキルの獲得だけでなく、健全な経済社会の発展に貢献するという高い志をも兼ね備えたプロフェッショナルの育成を行う
  • 一人ひとりの経験や能力、求められる専門性に適応した多種多様なカリキュラムを充実させる

■人材の育成と4つのサイクル

個々の成長に必要な「人材育成」の4つの要素

個々の成長に必要な
「人材育成」の4つの要素

Face to FaceのOJT

トーマツでは、育成の基本は現場であり、現場におけるOJTが最も重要であると考え、Face to Faceのコミュニケーションを活発化させています。現場における育成はリードする上位者と、主体的に成長の場と機会を活用して自ら“プロフェッショナル”へ成長していこうとする下位者の意識と行動の双方が大切です。日々の実務の中での上位者からの指導やアドバイス、フィードバックにより、下位者が自分の「強み」と「課題」を認識し、さらなる成長に繋げています。

アセッサー制度

スタッフ1年目から、経験豊富な先輩がサポート役として付く「アセッサー制度」があります。アセッサーは、後輩の伴走者として、定期的な面談の中で、業務状況の確認や一人ひとりの適性・志向に合わせたキャリア形成が実現できるよう、中長期的なキャリアへのアドバイスを行っています。このようにトーマツでは自身の強みを伸ばし、個々の課題を解決しながら多様なキャリアの実現や専門性の高いプロフェッショナルの輩出ができるようにサポートしています。

成長のスピードを加速する実践型研修

人材育成の基本方針

トーマツでは「シニアスタッフまでは育てきる」、「マネジャー以上は強み(得意分野)を伸ばす」という育成方針を掲げています。この基本方針のもと、単に知識を保有するだけではなく、徹底して現場にフォーカスし、取得したナレッジが業務に即座に生かされるよう、実践的な研修に注力しています。

集中して研修に取り組めるように独自の研修空間を創出

growth_ph03
▲3面に投影スクリーンを配置したワークショップ型の研修ルーム

growth_ph04new
▲写真左:東京受付/写真右:京都研修ロビー

東京(品川)と京都にあるプロフェッショナルラボ(研修センター)へは、専用の設備を整えるなど積極的な投資を行い、研修に集中して取り組める独自の空間を設けています。このように研修は、プロフェッショナルとして現場での実践に役立つ知識を身につけると共に、トーマツグループ内のさまざまな専門性を持つ人材とナレッジを共有する場としての機能も果たしています。

研修カリキュラム

高品質な監査に貢献するために多種多様な研修カリキュラムがあり、監査業務に関する知識のフォローからコミュニケーションやファシリテーションなどのソフトスキル、語学やグローバル対応といった領域まで豊富に揃えられています。例えば、主体的にコミュニケーションを取りながら学習するワークショップ形式の研修では、現場をシミュレーションした具体的なケースを疑似体験し、ディスカッションを通じて学んでいく参加型の研修を展開しています。

■監査職研修体系図

growth_ph02

社内研修は、大きく4種類に分かれます(「ベーススキル」、「プロフェッショナルスキル」、「ソフトスキル」、「昇格時研修」)。ランク別でいうと、スタッフ・シニアスタッフでは公認会計士(監査人)としてのプロフェッショナルスキルを中心に、また、マネジャー以上ではさらにソフトスキル(高度なヒューマンスキル等)を中心に習得機会があります。また、上位ランクに昇格した際は、昇格時研修を実施し、グローバルが各ランクに期待する役割の理解を深め、マインドセットと共に日々の業務で実践できるスキルを学びます。

約7週間の新人研修を実施

新入職員は、入社後に約7週間の新人研修を行いました。トーマツならではの特徴として、配属が発表されてから事業部ごとに研修を行うのではなく、配属前に同期入社の新入職員全員を対象に一斉研修を行います。同期の交流が深まることで、事業部を超えたネットワークを形成することができ、配属後、「他事業部の人に気軽に質問しやすい」、「一生の財産となる仲間ができた」と好評です。