金沢・富山事務所

一覧に戻る

富山事務所 布目シニアマネジャー

・経歴・日々の業務内容

私は平成12年10月にトーマツに入社しましたので、この9月で丸16年になります。トーマツ入社後は、平成16年に3次試験に合格、平成17年6月から平成19年3月まで財務省北陸財務局に出向し、地方公共団体の財務分析を担当しました。平成19年4月にトーマツに戻り、民間企業半分、パブリックセクター半分の業務割合でした。その後、地方公営企業の新会計基準導入支援、国立大学法人監査、地方公共団体の新地方公会計導入支援の盛り上がりに伴い、他地区事務所のサポートもあり、現在はパブリックセクター・アドバイザリー業務がほとんどを占めています。

 

・プライベートの紹介

私は富山県高岡市で妻・1人息子と3人暮らしです。自宅には薪ストーブがあり、週末の薪割りが趣味です。GW明けに丸太で調達した薪を、冬までに火にくべやすいよう黙々と割り込みます。調達コストの低減に加え、(副次的効果として)ゴルフの番手が上がりました。
布目①

 

・受験生へのメッセージ

私は前職の鉄道会社を経て、30歳でトーマツに入所しました。若干迂回の人生ですが、監査やアドバイザリー業務を行う上では、従業員目線に立つことができプラスの面があったと感じています。
また、公認会計士の監査フィールドはこれまでも民間企業から国立大学法人・独立行政法人・公益法人へと、今般はさらに社会福祉法人・医療法人へと拡大してゆきます。今や地方公共団体すら複式簿記を導入する時代であり、監査以外でも公認会計士の知見が強く求められています。
地元を愛する皆様へ。今後地元産学官の信頼されるアドバイザーを目指し、同じく地元を愛する私たちと一緒に働きましょう!

一覧に戻る