札幌事務所

一覧に戻る

ママになっても働いています

受験生のみなさん、こんにちは。

 

今回は主に女性の受験生のみなさんへのメッセージです。

 

有限責任監査法人トーマツ札幌事務所で働く青山です。9月に2歳になった娘がいます。娘が1歳半になるまで育児休暇を取得し、3月から職場復帰しています。

トーマツの制度であるACP制度を選択し、基本的には定時に退社し18時に保育園まで娘を迎えに行く毎日です。

事務所内が多方面多数の業務で多忙ななか、事務所メンバーの理解と協力のおかげで成り立っています。とにかく感謝!

ちなみに札幌事務所では女性のプロフェッショナル職員は7名いますが、内4名がママです。ママ比率は比較的高くいわゆる女性が働きやすい職場なのだと感じます。

 

簡単に自分のキャリアを紹介します。

2001年入社なのでトーマツでのキャリアは15年になりました。2010年までは監査業務中心に男性だ女性だとかは全く関係なく、働いてきました。2010年に突如札幌での税理士法人開設の任を命じられ、税理士法人静岡事務所へ転勤、2011年には税理士法人札幌事務所を開設、初代所長に就任しました。その間に結婚をしたこともあり、2013年に監査法人へ戻っています。監査法人へ戻ってからはワークライフバランスのライフ部分をより重視してきました。それまでワーク一辺倒だったのでそれなりにバランスがとれたトーマツキャリアになっているかなと思います。

 

「定時に帰る」というとなんだか楽そうな気がするかもしれませんが、「やるべき業務はすべて終わらせて定時に帰る」ことが重要なので制度適用前と比較すると明らかに仕事の密度と効率は高くなったと感じています。とにかく事前準備とスピードを意識しており、定時にはすっかりくたくたな日も多いです。ただ、実際にママ会計士として働いてみて、自分には兼業が向いているなと感じました。産休・育休中は自由になる時間が多すぎていつでもできるからかえってしないということも多かったのに、復職すると家事ができる時間はこれしかない!という制約上、今やるしかない!という状況となり、かえって効率的に毎日の家事もこなせるようになりました。むしろ育休中より家の中はキレイです。

 

受験生特に女性の方には、将来のキャリアと家庭の両立が不安な方もいらっしゃると思います。トーマツには札幌だけでなく全国に両立しながら働くママがたくさんいます。働くときは思いっきり!(私自身も監査のマネージャーから税理士法人の地区事務所所長を経験しました)そしてキャリアよりも家庭を重視したいときにはその選択が可能な組織です。人生の転換期はいつ訪れるかわかりません。でもいつ何が起きても、トーマツは働く場所・働き方にフレキシブルに対応してくれる組織だと感じています。結婚相手が道外在住の後輩女子も退職することなくトーマツの各事務所に転勤してキャリアを続けている人が多いですよ。

 

札幌事務所で一緒に働いてみませんか?

一覧に戻る