先輩紹介

interview_photo_nfunaki
interview_sp_photo_nfunaki

国策の一端を担いながら、専門家として成長していく

PSHC事業部
マネジャー
2003年入社

船木 夏子

Natsuko Funaki

2003年入社。8年間国内監査部門に所属し、結婚を機に現在の部署に異動。1年間産休を取ったのちに復職。現在はFWP(フレキシブル・ワーキング・プログラム)を利用して育児と仕事を両立させながら、豊富な監査経験を生かしてさまざまな案件に関わっている。


専門知識が不可欠だからこそ、部門内のつながりが強固に

パブリックセクターのおもしろさは、法人や機関ごとに会計基準が異なるため、専門的な知識や経験を持ったプロフェッショナルとして成長できることです。テーマによっては詳しい人間が限られるため、早ければ3年ほどで主任となり、案件を任されることもあります。案件の問い合わせが全国から寄せられるなど、全国のパブリックセクター担当者の結びつきはとても強いですね。また、年に1度、全国のパブリックセクターの担当者が一堂に会して2日間の研修を行うのですが、懇親会では事務所の区別なく交流を深めているため、メールや電話などで気軽に問い合わせができます。

非監査業務の経験を積み、パブリックセクターの中での得意分野を持つ

国立の研究所など国策を担う法人等と深く関わるため、一般的には立ち入れない施設に入れたり最先端の研究に触れる機会が多いのもパブリックセクターならでは。会計士が所属する部門としては監査業務および会計・監査のアドバイザリー業務といった非監査業務を行うPSHC事業部と、アドバイザリー事業本部の中で専門的なコンサルティングを実施するPSA※に担当が分かれていますが、一緒に動くことも多く、希望すればどちらの仕事にも関わることができます。もともと国内監査部門におり監査に長く携わっていたので現在は監査業務をメインに担当していますが、今後はコンサルティング業務などの非監査業務の経験も積み、「この分野なら船木が詳しい」と思われるような得意分野を持ちたいと考えています。

※ PSA(Public Sector Advisory)

My Holiday

休日は家族と過ごす時間を大切に

FWP(フレキシブル・ワーキング・プログラム)制度の適用を受けており、担当する案件の数を抑えて無理なく育児にも取り組めるようにしてもらっています。スタッフより早く帰らざるを得ないことも多いので、普段からしっかりとコミュニケーションをはかり、育児と両立するという働き方を理解してもらえるように努めています。とはいえ平日はどうしても慌ただしくなりがち。その分、休日は家族で公園などに出かけて夫や子どもと一緒にゆっくり過ごすようにしています。

船木 夏子 My Holiday