先輩紹介

interview_photo_mshimizu2
interview_sp_photo_mshimizu2

「プロフェッショナル」として、企業と社会の期待に応えたい

金融事業部/米国監査基準グループ
パートナー
1996年入社

清水 基弘

Motohiro Shimizu

入社後は国内監査部門で主にメーカーや商社の監査に関与。2001年の金融事業部の立ち上げに伴って異動となり、メガバンクを担当。2005年から4年間、デロイトのニューヨーク事務所に駐在し、初めての金融日本人マネジャーを務めた。


海外駐在で磨いた受容性が、新たなイノベーションを生み出していく

ニューヨーク事務所では20人ほどの監査チームをまとめていました。監査の仕事自体、デロイト・グローバルでの共通の指針・指標に基づいているため、国が変わったからという意味での戸惑いはあまりありませんでした。ただ、世界中から集まったさまざまな価値観を持つメンバーをまとめ、信頼を得るという意味で受容性は磨かれたと思います。個々のやり方や考え方を受け入れ、新たなイノベーションを生み出していく。それは今、100人からなるチームのトップに立つうえで大きな糧となっています。また、多面的なものの見方や考え方が身についたことで、監査においてあらゆる可能性を考慮し、より正しい判断ができるようになったと感じています。

成長できる環境だからこそ、やりたいことに夢中になれる

監査人は「市場の番人」。プロフェッショナルとして非常に大きな社会的使命を担っていると、最近特に実感しています。クライアントである企業のニーズに応えるのはもちろんですが、究極の目的は社会が求める正しい会計を実現すること。ともすると、この相反するように見える二つの目的を同時に果たすという難しさこそが大きなやりがいでもあります。入社して20年が経ちますが日々おもしろさを感じていますし、まだまだ成長していきたいという欲求が尽きることはありません。「個の成長」をなによりも大切にしてくれるトーマツだからこそ、ここまで夢中になれるのではないかと感じています。

My Holiday

毎月100キロのランニングで心技体のバランスを保つ

プロフェッショナルとして「心技体」のバランスは重要。正しい判断をするために健康が不可欠です。そのため、日本に帰国後、毎月100キロという目標を立てランニングをしています。週3~4日、その日の体調や天候に合わせて5~10キロ。平日朝は30分ほど走ってから出勤するのですが、ストイックにというより無理なく楽しく続けています。東京マラソンに出場したときはさすがに大変でしたが、完走した達成感は格別でした。

清水 基弘 My Holiday