先輩紹介

interview_photo_htahara
interview_sp_photo_htahara

実践的な知識を吸収しつつ、全体を捉えながら自分のミッションに取り組む

金融事業部(証券保険ユニット)
スタッフ
2015年入社

田原 啓伸

Hironobu Tahara

入社後、金融事業部の証券ユニットに配属され、米系投資銀行の東京支社およびその関連会社の監査に従事している。東京支店単体の財務諸表監査のみならず、米国本社の連結監査における東京チームの一員としての業務を通じ、日米両基準の監査に携わる。


クライアントに精通することの難しさを実感

私は学生時代に金融のゼミを取っていたこともあり、金融事業部への配属を希望しました。金融は経済の血液と言われます。その金融関係の知識を自分の武器とすることで、専門性を持った公認会計士を目指したいと考えました。入社してまだ1年半程度で、仕事のペースに慣れていないこともあるのでしょうが、今は目の前のタスクをがむしゃらにこなしている、というのが実感です。特に難しいのがクライアントの組織構造や内部統制にも精通すること。この点を理解していないと、どの部署にどういう情報があるかがわからないため、業務に必要な書類を依頼することひとつをとってもうまくいきません。また、問い合わせのメールを書く時も、相手の立場に合わせた的確な言葉遣いが必要です。入社当初よりは上手くなったかと思いますが、こういったコミュニケーションにはまだまだ努力の必要性を感じています。

先輩と密にコミュニケーションを取りながら

現在、私が所属しているチームには10数人のメンバーがおり、全員、私より先輩です。年次の離れた先輩も多く、さらにはマネジャーやパートナーと話す機会も少なくありません。ただ、先輩方と接する際に、予想していたほど緊張することはないです。皆さん、とても人柄が穏やかで、とても話しやすい雰囲気を持っていらっしゃるため、新人の私でも臆することなく質問ができます。こうした社風は、入社前の説明会などで感じた通りでした。これからの私の目標は、まずは会計監査の分野で自分に求められているアウトプットをしっかりできるようになることです。そのために、常に自分に課せられたタスクを意識するように心がけています。将来的にはどんなシーンにおいても周囲から必要とされる人材になることを目指しており、自分の判断で主体的に仕事を進められる力を身につけていきたいと考えています。

My Holiday

週末はカフェなどでゆったり過ごし、英語の勉強をしています

一人暮らしなので、家事全般を土日にまとめていることが多いと思います。たまに誘いがあれば友人たちと飲みに行ったりしていますが、基本的にはゆったりと過ごすようにして、月曜日には心も体もリフレッシュして望めるようにしています。近くのカフェに行って、仕事と関係のない本をゆったりと読むことも多いですが、最近では英語を用いる業務などにも関わっていきたいと考え、TOEICの勉強などをして過ごしています。

田原 啓伸 My Holiday