先輩紹介

interview_photo_tuchino
interview_sp_photo_tuchino

多様な会計サービスをワンストップで提供し続けるゼネラリストを目指したい

東京事業部(TS)
シニアスタッフ
2013年入社

内野 孝信

Takanobu Uchino

主に監査・IPO支援を中心とした業務に従事しており、アパレル・教育・ファンド・スマホゲーム開発・自動車部品メーカー・遺伝子検査などジャンルを問わずクライアントを担当している。その他、リクルーター業務、経営塾の運営スタッフ及び業務改善アドバイザリーにも従事している。


受け継がれてきた、人を育てる文化

入社1年目で特に印象に残っているのは、先輩に「新人は、質問することが仕事だ」と教わったことです。その教えの通り、仕事の進め方やクライアントの事業内容など、些細なことでも先輩に質問するようにしました。ひとつ解決すると新しい疑問がわいてくるので、次から次へと先輩を質問攻めにしたこともあります。そんな時でも先輩は仕事の手を止め、正面から私の顔を見て教えてくれました。先輩によれば「自分も同じように先輩に育てられた。答えることで自分自身の成長にもなっているから、疑問のままにしないで安心して質問してこい」と。昨年から私にも後輩ができましたので、今は私が後輩に「何でも質問するように」と教えています。トーマツならではの面倒見のよさ、人を大切に育てるカルチャーは、こうして受け継がれてきたのだと実感しています。

小~中規模クライアントから絶大な信頼を勝ち取るゼネラリストとして

東京事業部(TS)が有するクライアントはベンチャーや成長企業、中堅企業を中心としており、担当者に十分な会計知識が蓄積されていないことがあります。そのためか、我々専門家を心の底から信頼してくださり、不明点があるとすぐに質問をいただきます。担当者の会計知識が少ないからこそ、説明は丁寧かつ論理的であることを心がけているため、自然とロジカルシンキングが身につきます。「いつもありがとう。頼りにしています」と、感謝を積み重ねていく度に、自分が担っている役割の大きさを実感し、やりがいを感じます。現在はIPO業務も担当していますが、上場を目指してクライアントと二人三脚で共に成長しているという手応えが大きなモチベーションとなっています。今後はM&Aや内部統制構築支援業務などにチャレンジし、スキルとして定着させていくことで、小~中規模クライアントへ多様な会計サービスをワンストップで提供できるゼネラリストへと成長し続けていきたいと考えています。

My Holiday

最高な同期と、夏は毎年旅行に行きます!

TSの同期は非常に仲が良く、毎年夏に同期旅行へ行っています。今年は山中湖に行ってきました。とうとう同期にも子供が生まれ、同期旅行の参加者が年々増えてきました。仕事では切磋琢磨し、プライベートでは全力で楽しめる素晴らしい同期に恵まれて幸せだなあとよく思います。

内野 孝信 My Holiday