先輩紹介

interview_photo_sakune
interview_sp_photo_sakune

公的機関への幅広いサービスの提供を通じ、自らの可能性を高めていく

PSHC事業部
スタッフ
2014年入社

阿久根 正太

Shota Akune

入社後、パブリックセクター/ヘルスケア部門(現PSHC事業部)に配属され、国立大学法人や公益財団法人等の監査業務を担当。非監査業務では、県や市、町などの地方自治体に対するアドバイザリー業務に携わっている。


常に新しい知識を積み上げる面白み

中央省庁、地方自治体、独立行政法人、国立大学法人、公益財団法人、医療機関などの公的機関に対して監査や各種のコンサルティング業務を提供しているのが私の所属するPSHC事業部です。この分野でトーマツは数多くの実績を培っており、私も公的機関への貢献に力を発揮したいとの思いから、自らこの部署への配属を望みました。パブリックセクター領域は、監査の業務について民間事業者とは異なる面が多々あります。法人形態によって異なる個々の会計基準を理解するといった難しさがあり、同時にそこが面白みであると感じています。もちろん土台となるのは今まで学んできた知識ですが、その上に自ら新しい知識を積み上げていく必要があります。3年目となった今でも、毎日が勉強であると思うと同時に、やりがいを感じています。

アドバイザリー業務にも通じるスキルとは

監査に加え、並行して非監査の業務に携われることもこの部署の魅力です。現在、私が担当しているのが、自治体に対する財務書類作成に関する助言指導業務です。近年、自治体の会計制度が改正されたことに伴い、単式簿記から複式簿記に移行する流れが強くなっており、我々は、自治体が新しい会計制度に則った財務書類を作成できるよう、助言指導を行っています。監査業務に携わるだけでは見えてこないような会計の実務まで深く理解し、自治体の規模や実情に合わせた助言指導を行うことは、非常に奥が深く面白いと感じており、また、会計の専門家である我々であるからこそ、品質の高い業務を提供できるのだと考えています。また、監査の場合、自分の作成した調書は、上司等の内部の人からレビューを受けますが、非監査の場合は、内部者というより、クライアントである自治体の担当部署から直接評価をされるというのも、厳しいながらもやりがいを感じる点です。公認会計士ならではの論理的思考力や分析力といったスキルは、こうしたアドバイザリー業務にも共通して求められる力です。これからも私は監査および非監査業務に幅広く携わり、公会計の中でも自分ならではの専門性を発揮できる領域を見つけ、その第一人者を目指したいと考えています。

My Holiday

長期休暇は国内旅行へ

長期休暇が取れたときは、しばしば国内旅行に行きます。歴史や文化に触れることが好きで、現地の歴史等に関する事前知識を入れておくと、より親近感が湧きやすくなり、楽しさも倍増します。普段はあまり運動しないのですが、旅行先では意外とアクティブに動けて、飛び入りで土器発掘ツアーに参加したことは良い思い出です。

阿久根 正太 My Holiday