先輩紹介

interview_photo_swatanabe
interview_sp_photo_swatanabe

より良い財務諸表を世に送り出すために、常にベストの品質・サービスを心がける

東京事業部(TS)
マネジャー
2007年入社

渡邊 俊輔

Shunsuke Watanabe

入社後、旧トータルサービス事業部に配属され、製造業、小売、不動産など多岐にわたる上場会社等の監査のほか、株式公開支援業務やIFRS導入支援業務、国内外のJ-SOX導入支援業務にも携わっている。


コンサルタントにサービスを学ぶ

入社以来、IPOやIFRS、J-SOXと興味を持つ仕事を伸び伸びと行ってきた実感があります。なかでも入社3年目にIFRS導入プロジェクトに参画した時の経験が私を大きく成長させてくれました。これはデロイト トーマツ コンサルティング(DTC)とのジョイントプロジェクトだったため、コンサルタントと一緒に仕事をしたのですが、彼らの仕事のスピード感やサービスの品質へのこだわりに影響を受けました。社内資料でさえも常に完璧を期しており、その品質への圧倒的なこだわりがクライアントへの提案にもしっかり反映されていました。監査もコンサルティングも、クライアントへのサービス提供という点では本質的に同じです。この時の経験によって“クライアントには卓越した価値を提供したい”“常に最高の品質のサービスを届けたい”というこだわりが私の中に生まれ、それが今の私の仕事のベースとなっています。

クライアントの海外展開をサポートしたい

監査の仕事とはクライアントの出した数字に○×をつけることでは決してありません。クライアントと向き合い意見をぶつけ合って納得の上で、より良い将来につながる道を生みだすことが大切だと感じています。それには会計のプロフェッショナルとしての高い知識を持つとともに、さまざまな相手と深いコミュニケーションを取る力も必要です。加えてここ数年、クライアントの海外展開が活発化していることからも、これからは海外での業務にも取り組んでみたいと考えています。グローバルファームの一員にふさわしく英語力も高め、海外案件も胸を張って「任せてください」と言えるようになることが、今後の目標です。

My Holiday

意識的にオン・オフを切替え、高いパフォーマンスを維持

休日は家族と過ごしています。子どもが3人いるので手に余りますが、子どもと遊ぶことでスイッチを完全にオフにできています。最近は立場も変わってきて、クライアントへの対応などで頭を悩ますことも多いため、継続して良いパフォーマンスを出すにはオンとオフの切替えが重要だと感じています。毎年夏の長期休暇には家族で沖縄やグアムなど少し遠出し、春の繁忙期前に近場の温泉旅行に行くのが我が家の定番です。

渡邊 俊輔 My Holiday