トップ×若手座談会

多様な才能が交流し個性が輝く、
それがトーマツのDNA

パートナーと入社1年目の若手スタッフ2名が、トーマツを選んだ理由や実際の働きやすさ、仕事に対する考え方や未来像などを、世代の垣根を越えて自由に語り合いました。

  • パートナー淺井

    第二事業部
    (名古屋事務所)
    D&I Champion
    パートナー

    淺井 明紀子

    Akiko Asai

  • 若手スタッフ後藤

    第一事業部
    (東京事務所)
    スタッフ

    後藤 大輝

    Hiroki Goto
    2021年入社

  • 若手スタッフ宋和

    第二事業部
    (京都事務所)
    スタッフ

    宋和 綾水

    Ayami Sowa
    2021年入社


パートナー淺井との会話

新人もすぐチームの一員に

淺井 今回は、「働きやすさ」がテーマですが、お二人にとって働きやすいイメージとはどのようなものでしょうか?

後藤 職員同士のリスペクトが基盤にあり、そのうえでチームメイトの一員であるという感覚も大事だと思います。

宋和 自分が周囲に受け入れられている、必要とされていることが実感でき、かつ自分の強みを存分に発揮できる環境だと思います。

淺井 なるほど。私も、「私がここにいて良いんだ」と感じられ、自分を出せるという安心感がある環境づくりが大切だと思っています。実際にトーマツで働いて実感できていますか?

後藤 今年入社したばかりですが、自分がチームメイトの一員だという意識を強く感じます。入社してすぐ、チームの人たちが「さん」づけで呼んでくれることに感動しました。自分がプロフェッショナルとしてリスペクトしてもらっていると感じられます。

宋和 私もまだ入社して4カ月ほどですが、とても働きやすいと思います。COVID-19の影響で、研修後すぐに繁忙期を迎え不安でしたが、チームの方々がリモートでも積極的にOJTをしてくれ、チーム外でも先輩方が毎週末、お昼にリモートで座談会や面談をしてくださいました。おかげで、すぐに業務に関しての不安は払拭されました。

淺井 仕事を離れたコミュニケーションはどうですか?

宋和 私の場合、リモートの懇親会や打ち上げがあったり、職員をねぎらうお楽しみ抽選会など楽しい企画が用意されていたりしたことがありました。毎日定時後に、職員一人ひとりが順番で、全員にお疲れ様メールを出しているのですが、慰労のメッセージ以外にも自分の趣味や近況などもコメントしてくださっているので、新人としては、職員の方々の個性を楽しく把握することができてありがたいです。