トーマツだからこそ広がるチャンスと可能性

包括代表國井

田中 私もトーマツでの様々な経験を通して学び、クライアントに頼られるプロフェッショナルになれると信じて頑張りたいと思います。そのために参考にしたいのですが、國井さんはこれまでどのようなことを強く意識してこられましたか?

國井 スタッフ時代から、仕事に対しては常に誠実に、全力で取り組むということを心掛けていました。後悔はしたくないから、自分ができることをやり切ったと思えるよう取り組んできました。

三上 私はついつい目の前の業務に追われがちですが、長期的な視野で取り組まれてきたことはありますか?

國井 かつては私も目の前の業務をこなすので精一杯でしたし、それで良いと思います。一生懸命に取り組んだことは経験として身につくものですし、いずれ必ず役に立ちます。あまり先々のことばかりを考えて「これは自分がやるべき仕事ではない」と思うより、今しか経験できないことだと思って日々の業務をしっかりこなしていくことが大切だと思います。また、デロイト トーマツ グループの中には多様な専門家がいて、国籍、部門や肩書などの枠にとらわれず自由に動け、気軽に質問や協力し合える環境があります。多様な才能が共鳴し合い、互いに成長していける職場ですので、視野をどんどん広げて皆さんの才能と可能性を広げていって欲しいと思っています。

田中・三上 改めてトーマツのメンバーであることに誇りを感じました。本日はありがとうございました。