全国座談会

全国の事務所がキャリア形成のステージになる

日本のビジネスの中心である東京はもちろん、各地区での強さもトーマツの大きな特長です。ここでは各地区で活躍する若手から中堅まで、様々な立場の職員が集まり、それぞれの地区事務所を選んだ理由や仕事のやりがい、雰囲気などをご紹介します。

  • onetohmatsu_hino

    ファシリテーター
    関西事業部
    パートナー

    樋野 智也

    Tomoya Hino

  • onetohmatsu_takamine

    NAGOYA
    名古屋事務所
    シニアマネジャー

    髙峰 都宏

    Kunihiro Takamine
    2003年入社

  • onetohmatsu_nakamura

    OSAKA
    大阪事務所
    スタッフ

    中村 亮太

    Ryota Nakamura
    2016年入社

  • onetohmatsu_saito

    TOKYO
    東京事務所
    シニアスタッフ

    斎藤 志帆

    Shiho Saito
    2012年入社

  • onetohmatsu_katsuki

    FUKUOKA
    福岡事務所
    マネジャー

    香月 稔

    Minoru Katsuki
    2007年入社

  • onetohmatsu_hino

    ファシリテーター
    関西事業部
    パートナー

    樋野 智也

    Tomoya Hino

  • onetohmatsu_takamine

    NAGOYA
    名古屋事務所
    シニアマネジャー

    髙峰 都宏

    Kunihiro Takamine
    2003年入社

  • onetohmatsu_nakamura

    OSAKA
    大阪事務所
    スタッフ

    中村 亮太

    Ryota Nakamura
    2016年入社

  • onetohmatsu_saito

    TOKYO
    東京事務所
    シニアスタッフ

    斎藤 志帆

    Shiho Saito
    2012年入社

  • onetohmatsu_katsuki

    FUKUOKA
    福岡事務所
    マネジャー

    香月 稔

    Minoru Katsuki
    2007年入社


どの地区でも希望するキャリアアップが可能

樋野 皆さん、本日はよろしくお願いします。まず初めに、現在の拠点からキャリアをスタートしようと思った理由を教えてください。

中村(大阪) 官公庁関連の大きな仕事を希望していたので、最初は東京の方がチャンスが多いと思っていました。しかし、トーマツで面談を重ねる中で、大阪も十分チャンスがあることが分かり、何よりもリクルーターの方の情熱が伝わってきたことが決め手となり大阪事務所を選びました。あとは大学が京都だったので、馴染んだ地でスタートを切りたいという思いもありました。

香月(福岡) 私が会計士を志した理由は、「経済界のドクター」として地元経済に貢献したいと思ったからです。最初から地元の九州で働くことを決めていたので、迷いはなかったです。

onetohmatsu_pho01

斎藤(東京) 私は地元である愛知か東京かで悩みましたが、東京への憧れもありましたし、東京に就職した友人もたくさんいたので東京を選びました。何よりも東京にしかないビジネスの最先端に触れたいという思いが一番の理由です。将来、地元で働きたくなっても、トーマツなら名古屋の拠点も大きいので、違和感なく働けそうだという安心感もありました。

髙峰(名古屋) 私がまさにその例です。私は東京事務所採用で金融事業部に配属されたのですが、家族の希望もあり30歳になったのを機に地元である名古屋事務所への異動を希望しました。

樋野 私も東京か大阪かで悩みましたが、慣れた環境でまずは仕事に集中し、将来的に東京で働きたいと思えば希望しようと考え、大阪を選びました。そういう希望が通りやすいのもトーマツの大きな魅力ですね。