全国座談会

全国どの事務所でも自分らしいキャリア形成が可能に

事務所ごとに雰囲気やクライアントの特徴が異なる一方、トーマツとしての文化や仕事に対する取り組み方は共通しています。
ここでは全国で活躍する若手および中堅メンバーが、それぞれの事務所の魅力や日々の業務で感じること、働きやすさを紹介します。

  • 辻 知美さん

    ファシリテーター
    京都事務所
    パートナー

    辻 知美

    Tomomi Tsuji

    2003年入社

  • 小野 一也さん

    FUKUOKA
    福岡事務所
    マネジャー

    小野 一也

    Kazuya Ono
    2016年入社

  • 春木 由喜枝さん

    KOBE
    神戸事務所
    マネジャー

    春木 由喜枝

    Yukie Haruki
    2006年入社
    (2019年再入社)

  • 八木 慎之介さん

    NAGOYA
    名古屋事務所
    シニアスタッフ

    八木 慎之介

    Shinnosuke Yagi
    2017年入社

  • 渡邉 祐子さん

    TOKYO
    東京事務所
    シニアマネジャー

    渡邉 祐子

    Yuko Watanabe
    2000年入社


全国座談会、全員で

個性溢れる事務所で多彩なキャリアを積む

 まずはそれぞれの事務所の特徴や雰囲気を紹介していきましょう。私が所属している京都事務所は150名くらいなので全員が顔見知りという感じです。クライアントは地元の中堅企業から大企業、グローバル企業まで幅広く、アットホームな雰囲気でありながら多様な仕事ができる環境です。

小野 福岡事務所もメンバーとの距離が近い事務所です。スタッフが作業している隣にパートナーのブースがあってとても相談しやすいです。私はほかの監査法人から転職してきたのですが、とてもウェルカムな職場の雰囲気ですぐに馴染むことができました。クライアントは中堅規模の企業が多く、10名くらいのチームがメイン。同じビルの中にデロイト トーマツ グループの他法人も入っており、やり取りも頻繁にあります。

春木 神戸事務所は少し小さめで90名くらいです。オフィスでも誰がどこにいるかがすぐわかります。特徴としては女性の比率が高めで、休職中の方も含めると3分の1が女性です。ランチ会を開催したり家庭のことを話し合ったり女性ならではのコミュニケーションが活発な印象です。COVID-19の影響でリモートワークになったときも、事務所長の発案でリモートの飲み会を開催したり、各人のリモートワークの状況や家族との過ごし方などを紹介するメールリレーを行ったりするなど、かなり一体感がある事務所だと思います。

八木 名古屋事務所は元気のあるメンバーが多く、皆さん活発に働いている感じです。机が全て斜めに配置されており、全員の顔が見えるように工夫されています。オフィスの真ん中には大きなフリースペースもあり、休憩などに利用します。クライアントは製造業が多く、特に自動車関係など強固な地盤の会社の監査が経験できるのでとても勉強になると思います。

渡邉 私は名古屋事務所から東京事務所に異動しました。業務内容は大きく変わりましたが、知っている方も周りにいるので違う場所に異動してきたという感じは全くないですね。また、東京は人がとても多く、様々なキャリアを積んでいる方が集まっており、所属部署の仕事と並行して本部業務も積極的にこなし、家庭のことも含めて上手にバランスを取りながら高い意識を持ってキャリアを形成されている方が多い印象です。