ワンファームとしての強固な絆が、トーマツの強み

福岡 逆に、異動したときに業務の進め方などの違いで戸惑ったりすることはありませんでしたか?

大西 異動直後は「東京で通用するのか」という緊張感がありました。結論からいうと全くの杞憂で、広島で4年間やってきたことを東京でも十分生かすことができました。むしろ関与先の規模がちょうどよく、個々の公認会計士が担う領域も多様なため、幅広い業務を広島事務所で経験してきたことが大きな自信になりました。

三木 私も東京事務所に異動する際は少し不安でしたが、基本的な業務の進め方や使用するツールが標準化されているので戸惑うことはなかったです。現在は特にリモート化が進み、東京事務所の業務にほかの事務所のスタッフが関与することも増えているので、事務所間の連携がますます強まっていると思います。

横山 私の場合は大阪事務所も高松事務所も同じ関西圏で以前からの顔見知りも多かったので、事務所の異動よりも監査業務から監査アドバイザリー業務になったことのほうが大きな変化でした。新たなチャレンジではあるものの、監査で培ったスキルが現在の業務にも生きています。CEA室の業務についてはリモート環境を活用して全国と連携しながら業務を進めています。

大田 私は名古屋から仙台への異動でしたが、すんなり馴染めました。印象的だったのは、仙台事務所にいた頃に、東日本大震災の被災地への支援活動を行ったときのことです。仙台事務所と東京のアドバイザリー部門、グループ会社のデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社などの多彩なメンバー構成にも関わらず驚くほどまとまっていて、ワンファームとしての絆の強さを感じました。

三木 国内にとどまらず、海外との連携も一体感があります。トーマツはグローバルも含めてワンファームという認識を持っていて、新しい場所で新しいメンバーとチームを組んで業務を遂行することに慣れていると感じます。

大隣 私も普段から海外のデロイト出身のメンバーや駐在中のメンバー、海外からの帰任者とやり取りする機会も多く、担当業務を通じてデロイトメンバーとしての意識が自ずと高まっています。

横山 CEA室メンバーにも海外経験豊富な人が多いです。サステナビリティ領域は欧州が先行していることもあり、業務の中でも欧州や他国の事務所メンバーと連携を図るなど、世界中の事務所とのつながりを感じます。

福岡 皆さんのお話を伺っていると、どの事務所でキャリアをスタートしても、結果的には希望に沿ったキャリア形成ができているように感じますね。

三木 その通りです。大阪事務所に入社したときは東京事務所で勤務することなど全く考えていませんでしたが、東京事務所から異動してきたメンバーの話を聞いているうちに興味が湧いてきて、若いうちにチャレンジしようと異動希望を出しました。どの事務所からキャリアをスタートさせるかということについてはさほど思い悩む必要はないと思います。

大隣 確かに、トーマツではキャリアのスタート場所がどこであっても、やりたいタイミングでやりたいことにチャレンジできますね。だからこそ私は、働く環境という切り口で事務所選びをして欲しいと思います。私自身が今、充実した日々を過ごせているのはまさに環境のおかげであり、広島事務所の居心地があまりにも良すぎて東京への異動にも最初はためらいがあったぐらいです。しかし、思い切って東京事務所に異動してみると素晴らしい出会いがたくさんあり、広島では経験できないような関与先にも携わることができて、大きな財産になりました。

福岡 私も入社当時は海外で働くことは全く意識していませんでしたが、上司の勧めもありカナダに赴任したことで一気に世界が広がりました。大隣さんのように居心地が良いから異動をためらう人もいますが、人財育成という観点でいえば、特に若手には国内だけでなく海外を含めていろいろな事務所を経験して欲しいです。そして視野を広げたい、経験値を増やしたいと思ったときに選択肢が豊富にあるトーマツは非常に恵まれた環境といえるでしょう。

横山 私は新しいことにチャレンジしたいと思っていた矢先にCEA室から声をかけてもらいました。エネルギー関連の監査に長く携わってきた経験を生かせるうえに再生可能エネルギーにも関心があったのでまさに自分にぴったりの提案でした。トーマツは本当に個々人のキャリア形成を真摯に考え、希望や意思を尊重するファームだと改めて感じました。

大田 思い通りのキャリア形成ができるのは、働き方の自由度の高さも関係しているのではないでしょうか。私は復職する前は家庭と仕事の両立に不安がありましたが、実際に出産や育児を経験してみると、トーマツは非常に手厚い制度が整っており、在宅勤務が進んだことにも助けられ、3人の子供を持った今も仕事を続けられています。異動や休職によってキャリアがリセットされることなく、積みあげてきたものをそのまま生かせるトーマツは、非常に恵まれた環境だと身をもって感じています。