名古屋・岐阜事務所

記事一覧へ

クロスサービスライン・アサインメント・プログラムのご紹介

こんにちは、入社1年目の内海です。

内海さん 

今回のテーマは、名古屋事務所の特徴の一つである、「クロスサービスライン・アサインメント・プログラム」のご紹介です!

クロスサービスライン・アサインメント・プログラム(通称:クロスアサイン)とは、監査部門に所属しながら、希望するアドバイザリー業務も並行して経験することができる、名古屋事務所独自の制度です。

 

私は実際にクロスアサインを利用しており、今回は利用してみて良かったと思う点をご紹介したいと思います。

私が考えるクロスアサインのメリットは

①スタッフの頃から監査以外の専門業務に触れることができる

②将来のキャリアプランの幅が広がる

の2点です。

 

①スタッフの頃から監査以外の専門業務に触れることができる

私は名古屋事務所に入社する前から株式上場支援(IPO)業務やベンチャーサポート業務に興味がありました。

そのことは入社後もいろいろな先輩に話していたので、先輩からのアドバイスもあり、実際に私は入社して3ヶ月後から、クロスアサインを利用してIPO業務やベンチャーサポート業務を経験することができました。

 

具体的には、上場準備中のクライアントに対して、上場会社に求められる内部統制や経理体制を構築するためのアドバイザリーサービスを提供したり、ベンチャー企業を支援するためのセミナーの企画・運営等にも携わっています。

EP写真

この写真は、そのセミナーの様子を写したもので、ベンチャー企業の経営者の方が、提携先を探している大企業の方や金融機関の方を前に、事業の内容やビジョンをプレゼンテーションしている場面です。

ベンチャー企業の支援は私にとって興味のある分野で、経営者の方々から、これまでにない新しいサービスのお話を聞くことができるので、毎回楽しみながら仕事をしています。

また、監査業務のメンバーとは違うメンバーと一緒に仕事をする機会も多く、交流の幅も広がりました。

 

②将来のキャリアプランの幅が広がる

クロスアサインは監査部門に所属しながら他の専門分野も並行して経験することができる制度です。

監査をしながら、様々な業務に触れることができるこの制度は、自らのキャリアプランについて考える際のサポートになります。

 

私の場合は入社前から、まずはIPO業務やベンチャーサポート業務の道に進もうと決めていました。

しかし、この先ずっと同じことに興味を持っているかどうかは分からないですし、実際にやってみたらイメージと違った、という点も心配していました。

また、もしかしたら将来、他の業務も経験したいと思う可能性もあるので、他にもたくさんのことを経験できる環境が整っているのはとても心強く感じました。

 

名古屋事務所独自の制度、クロスサービスライン・アサインメント・プログラム(クロスアサイン)について、少しでもイメージできたでしょうか?

私以外にもたくさんの先輩が利用している制度です。

ぜひみなさんも、クロスアサインを利用して様々な業務を経験していただければと思います!