名古屋・岐阜事務所

一覧に戻る

私の思い描くキャリアプラン

みなさん、こんにちは!

名古屋事務所、入社2年目の家田です。

家田君単体

 

 

今回は私の思い描くキャリアプランについてご紹介したいと思います。

 

名古屋事務所は、製造業、小売業、建設業等、様々な業種のクライアントに業務を提供しています。

また東海地区で唯一、フルラインナップのサービスラインを有しています

フルラインナップとは、中京エリアのメンバーだけで名古屋事務所のクライアントのニーズに応えられる体制を整えているということです。

具体的には、金融監査、グローバルサービス、ファイナンシャルアドバイザリー、株式上場支援、リスクアドバイザリー、パブリックセクター・ヘルスケアがあります。

前回のブログで紹介があったように、これらのサービスラインを監査業務と並行して経験できる「クロスアサイン」も、名古屋事務所オリジナルの制度です。

 

私は入社する前、自分のキャリアプランは明確に決まっておらず、興味のある分野も特にありませんでした。

そのためあらゆる専門分野が揃っているという点が、トーマツ名古屋事務所を選んだ理由の一つでもありました。

様々な業務経験を通じて、自分の興味のある分野を探していければと思ったためです。

 

入社後様々な業務を経験する中で、私が興味を持った分野はグローバルサービスです。

特にIFRS(国際財務報告基準)関連業務に興味を持ちました。

 

みなさん、IFRSと聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか。

IFRSとは International Financial Reporting Standardsの略称で、国際会計基準審議会(IASB)によって設定される会計基準のことです。

 

日本国内のIFRS適用企業は2018年8月現在で178社あり、年々増加傾向にあります。

また、世界各国で適用が進んでいます。

 

私は現在、IFRS関連業務に携わっています。

具体的な業務内容としては、日本の会計基準とIFRSとの間にはどういった違いがあるのか、その違いによって財務諸表にどのような影響が生じるかを検証していきます。

 

IFRSの知識の他、日本基準の知識も必要のため、非常にやりがいがあります。

 

山田さん家田君

上の写真(左)は現在、私と一緒にIFRS関連業務を行っている山田さんです。

山田さんは約2年間アメリカに駐在し、今年の6月に帰任されました。

現地でIFRS関連業務も数多く経験し、知識も豊富なため、とても頼りになります。

 

私はまだまだ山田さんに頼ってばかりですが、早く追いつけるように頑張りたいと思います!

 

そして、いずれはIFRS導入に関するアドバイザリー業務や、海外駐在を経験し、日本基準とIFRSの幅広い視点を持った会計士になりたいと思っています!

 

名古屋事務所は、進みたい道がはっきりしている方は実現できる環境が整っていますし、まだ明確なキャリアプランが定まっていない方も名古屋事務所での業務を通じて、探してみてはいかがでしょうか。

 

 

一覧に戻る