名古屋事務所

記事一覧へ

専門業務インタビュー(FA業務編)

皆さん、こんにちは。

前回に引き続き、監査業務以外の専門エリアで活躍されている方々から聞く、専門業務の内容や魅力をインタビュー形式でお届けします!

第2弾は、FA(ファイナンシャルアドバイザリー)業務編、お相手は大川さんです。大川さん、よろしくお願いします。

 

Q.まずは、自己紹介をお願いします

入社5年目の大川です。

入社3年目までは製造業や小売業のクライアントの会計監査を行い、4年目からはデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(以下、”DTFA“)に出向し、FAの業務をメインで担当しています。

 

Q. DTFAではどんなお仕事をされていますか?

DTFAでは、主にM&Aにまつわる様々な業務についてアドバイスや取りまとめを行い、クライアントのM&Aが成功するようにサポートする業務を行っています。

そのなかでも私は主に、財務デューデリジェンス(以下、”DD“)を担当しています。

DDでは、主に買収対象会社の財務状況を分析して、クライアントがM&Aを成功させるために知っておくべき事項・問題点の洗い出しを行っています。

 

Q.監査業務とFA業務の一番の違いはなんですか?

監査業務との一番の違いは、クライアントからのニーズにいかに応えるか、という意識をより強く持つ必要がある点です。

監査業務においてももちろんクライアントの方にアドバイスを行う場面が多々ありますが、その際もやはり会計基準に適切に対応できているかという点が第一に考えるポイントになります。

一方、FAの業務では、クライアントニーズを満たすことが第一の目的となるので、どのような情報をクライアントが必要としているのか、どのように最初の交渉からM&A成立までの取引を進めればクライアントにとって最適か、ということを監査業務の時よりもより強く意識することが、一番の違いだと思います。

 

Q.大川さんがDTFAの業務に携わるようになったきっかけを教えてください

私がスタッフ時代に監査を担当していたクライアントが大規模なM&Aを実施したことが、FA業務に興味を持つきっかけでした。

そのM&A案件の中で読んだDDや企業価値に関する報告書の内容がとても興味深く、もっと自分自身がM&Aの案件に主体的に関わってみたいと感じました。ちょうどその頃に、クロスサービスライン・アサインメント・プログラム(以下”クロスアサインプログラム“)の募集があり、DTFAへのクロスアサインに応募しました。

クロスアサインとは、監査部門に所属しながら、希望するアドバイザリー業務も並行して経験できる名古屋事務所オリジナルの制度です。

クロスアサインの制度を利用する場合は、監査部門に所属したままの方が多いのですが、私はFA業務に集中して取り組んでみたかったので、DTFAに出向という取り扱いにしていただきました。

そのため入社4年目からは、100%FA業務、という形で取り組んでいます。

柔軟に自分のキャリアに対する希望を聞いてもらえて、とても感謝しています。

 

Q.実際に携わってみて、FA業務の魅力はなんでしょうか?

先ほどお話しした通り、FA業務では、クライアントのニーズを常に意識して業務を行うため、クライアントと同じ目標に向かって仕事ができる点は、FA業務のやりがいを感じるポイントの一つだと思います。

クライアントから感謝をしてもらえると、大変な案件だったけど頑張ってよかったなと思います。

 

Q.最後に、受験生の皆さんにメッセージをお願いします

このブログをご覧いただいた方に、少しでもDTFAの業務イメージを持っていただき、キャリア選択の一つとして考えていただけたら嬉しいです

そして、近い将来、トーマツの一員として一緒に働けることを楽しみにしています

 

大川さん、貴重なお話をありがとうございました。