名古屋事務所

初めての繁忙期を終えて

こんにちは!入社1年目の近藤です。

皆さんは監査法人の繁忙期について、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

今回は、入社1年目の私が実際に繁忙期を過ごして感じたことや、体験したことをお伝えします!

 

クライアントとのコミュニケーション

監査では、ヒアリング(口頭での質問)や、メールでの資料依頼など、クライアントとコミュニケーションを取る場面が多くあります。

研修で学び理解したことを実践することには不安を感じていましたが、実際にはチームの先輩が事前に質問内容を確認し、ヒアリング中も横でサポートしてくれたのでとても心強かったです。

また、メールで依頼の際は、先輩が文面を事前にチェックするなど、注意するべき点を丁寧に教えてくれたため、安心して業務に取り組むことが出来ました。

 

エルダーのサポート

監査業務を各チームメンバーで分担する際、入社1年目の私には何もかもが初めてで、きちんと遂行できるか不安もありました。

しかし、名古屋事務所では年次の近い先輩がエルダー[1]として付き、サポートをしてくれる体制が整っています。

常に横にいてくれるのでちょっとした疑問も気兼ねなく質問でき、また先輩の姿を見てヒアリングの仕方等を学ぶことができますし、リモートワークの場合も現場で作業する時と同じようにチャットや電話で気軽に相談できる環境でした。

常に相談できる相手がいたおかげで、安心して繁忙期を乗り越えることが出来ました

 

名古屋事務所の魅力

入社前は、公認会計士試験に合格したばかりの自分が仕事をこなせるのかとても不安でしたが、様々な研修を受け、先輩にたくさんのことを教えてもらう中で、やりがいを感じながら仕事ができています。

名古屋事務所には優しくて尊敬できる先輩が多く、自分を成長させることができる働きやすい職場だと感じています。

 

[1] エルダー:スタッフの育成を目的としたサポート役です。名古屋事務所では、一緒に仕事をする機会が多く年次の近い先輩が、「エルダー」として業務の目的や段取りを教えるなど、困ったときの身近な相談相手となります。初めての仕事でも、エルダーがそばにいてくれるため、安心して取り組むことができます。

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)