福岡事務所

学生非常勤の働き方

皆さん、こんにちは!

福岡事務所スタッフ2年目の内藤です。

今回は学生非常勤の働き方について、福岡事務所の2名のスタッフにインタビューしました!

スタッフの紹介

・立川 亮太(たちかわ りょうた):写真右、スタッフ2年目、前年まで学生非常勤

・水津 彰太(すいず しょうた):写真左、スタッフ1年目、大学4年生、現在学生非常勤

学生非常勤という選択

内藤:お二人は、なぜ学生非常勤として働こうと思ったのですか?

水津:私が学生非常勤として働こうと思った理由は早く社会人経験や実務経験を積むことで成長することができ、自分のキャリアや人生にとってプラスに働くと考えたからです。学生非常勤として働こうか迷い先輩に相談した際に、『大変なこともあったが、とても成長でき、学生非常勤は良い選択だった』と聞き挑戦してみようと思いました。実際に働いてみて、私もその通りだと感じています。

立川:私も水津さん同様に、早く働き始めたほうが自分のためになると考えたからです。学生の間は時間がありスケジュールの融通も利くため、残された学生生活を楽しみながら実務経験を積むことができました。

学生非常勤の働き方

内藤:学生非常勤の具体的な働き方について教えてください。

立川:私の場合は週に3日間の勤務で、残りの2日は大学の授業に出席していました。卒業直前は大学の授業もほとんどなかったので勤務日を増やしていました。柔軟にスケジュール調整できたのでありがたかったです。

水津:私も現在週に3日の勤務です。大学の試験期間は試験数日前から稼働を少なくするよう調整しています。また、夏休みを3週間程度取得し、学生の友人と会ったり帰省したりしました!休暇を取得した際も「テスト頑張ってね」や「休暇楽しんでね」など周りの方から温かい言葉をかけていただき、不安なく休むことができました。

学生非常勤の苦労

内藤:水津さんは今、学生非常勤で苦労されていることはありますか?

水津:学業との両立です。しっかり休暇をとる試験と違って普段の課題やレポートは自分で時間を作る必要があるので、その時間を作ることが大変だと感じています。私は在宅で仕事をする日の朝や仕事が終わってから課題やレポートをするようにしています。
また、同僚よりも働く時間が少ないため、成長に差がついたり距離ができるのではないかという不安も出てくるかもしれません。しかし、同僚や先輩が気さくに話しかけてくれ、分からないことをすぐ聞ける環境が整っているのでその心配はいらないのかなと思います。

立川:確かに、私も同僚の協力や優しい先輩方の配慮のおかげで安心して働くことができました。学業との両立を応援してもらえる環境はありがたかったです!

学生非常勤のメリット

内藤:では反対に、学生非常勤をしていて良かったと感じたところは何ですか?

水津:やはり、早くから実務経験を積めることです。行う業務は常勤で入社する同僚と何も変わりません。早くから実務経験を積むことでこれからのキャリアにおいて選択肢が広がるということや、自分の極めたいと思う分野等を突き詰めていく時間が十分に確保できるなど、これからの自分にとってプラスに働くと考えています。

立川:他には、金銭的な余裕ができることですかね。残りの学生生活をより充実させることができました!

 

いかがでしたでしょうか?

今回インタビューをした2名のスタッフの経験談を通して、皆さんに学生非常勤として働く魅力をお伝えできたら幸いです。

 

次回は、熊本連絡事務所座談会の様子をご紹介します!

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)