福岡事務所

福岡から東京へ!~東京事務所への異動について~

皆さん、こんにちは!
福岡事務所 シニアスタッフの坂口 慶です。

「福岡事務所に入社したのち、東京事務所に異動するチャンスはあるのだろうか?」や、「東京事務所と福岡事務所、どちらに入社したらよいのだろうか?」という疑問にお答えするために、福岡事務所から東京事務所への異動経験者としてお話しさせていただきます。

異動のきっかけ

佐賀県出身の私が福岡事務所に入社し、スタッフとして業務に従事していたある日、人事担当のパートナーから「東京事務所で経験を積んでみてはどうか?」と提案してもらいました。

「ぜひお願いします!」とお答えして、2020年7月東京への異動が決まりました。私自身も、東京への異動や海外赴任のチャンスも期待した上で福岡事務所を選んだので、1つの希望が叶った瞬間でした。

東京事務所に異動してから

東京事務所では、ニューヨーク証券取引所に上場しているグローバル企業の監査に従事し、米国基準での監査に携わりました。そのチームには様々な経歴を持ったメンバーが所属していて、米国のデロイトからジョインしたメンバーや、海外から帰任したメンバーと一緒に仕事することで、多様な価値観に触れることができました。語学だけでなく、米国監査は監査基準へ依拠する意識が高く、重厚なドキュメンテーション(文書化)が求められます。監査人としてクライアントのことをよく理解し、きめ細やかに監査手続・調書に落とし込んでいくという経験は、福岡事務所に帰任した今でも私の働き方を支えています。

福岡への帰任後

福岡事務所に帰任した後、上場会社の監査に従事するのと同時に、スタートアップ企業の監査にも従事しています。私から見た福岡事務所の魅力は、「クライアントの多様さ」「垣根の低さ」だと思います。福岡事務所では、海外監査人とのやり取りを必要とするグローバル企業や日本を代表する上場会社の監査のみならず、スタートアップ支援やIPO支援業務など、地域に根差した事務所でありながら、幅広い業務の機会があり、他事務所とも協同することが可能です。

最後に

ここで、私が考える冒頭に記載した疑問への答えが以下です。

「福岡事務所に入社したのち、東京事務所に異動するチャンスはあるのだろうか?」
⇒あります!

「東京事務所or福岡事務所、どちらに入社したらよいのだろうか?」
⇒ご自身のキャリアプランやライフスタイルに合わせて、自由に選択して良いと思います。トーマツで働いていると、どの事務所に入社しても東京や海外の監査はもちろん、アドバイザリーや税務等、ご自身の希望と努力次第で様々なキャリアを選択することができるので、入社した事務所によってキャリアが制限されることは決してありません。

皆さんがトーマツに入社して、ご自身のキャリアを切り開いていく姿が見られることを楽しみにしています。

 

次回は学生非常勤の働き方についてご紹介します!

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)