福岡事務所

熊本連絡事務所座談会!~地区連絡事務所の魅力~

皆さん、こんにちは!

熊本連絡事務所スタッフ2年目の松谷です。

トーマツには九州各地に連絡事務所があり、福岡事務所入社後に各地の連絡事務所へ異動するメンバーも多くいます。

そこで、今回は地区連絡事務所の魅力をお伝えすべく、熊本連絡事務所のメンバーで行った座談会の様子をお届けします!

座談会メンバーの紹介

藤本 陽輔(写真左)・・マネジャー。2022年7月に福岡事務所から熊本連絡事務所に異動。

西岡 千幸(写真右)・・シニアスタッフ。2021年7月に那覇事務所から熊本連絡事務所に異動。

松谷 久雄(写真中央)・・スタッフ。2022年1月に熊本連絡事務所入社。

座談会

松谷:熊本連絡事務所は全員で約10名とコンパクトな事務所のため、事務所全体で一体感があってコミュニケーションも取りやすいと感じています。お二人は別の事務所から異動して来られましたが、どのような点に熊本連絡事務所の魅力を感じていますか?

西岡:わたしは地元に帰りたくて熊本連絡事務所に異動したのですが、小さいころからなじみのある会社の監査が出来ることに魅力を感じています。クライアントの担当者からたまに出る熊本弁にほっこりします。

藤本:同感です。他には、松谷さんが言う通り、コンパクトな事務所だからこそ、皆がチームだけじゃなく、事務所全体のことを考えて仕事をしています。比較的若い年次から事務所の運営を含めて色々なことにチャレンジできるのも、地区事務所ならではの魅力だと思います。

松谷:お二人は熊本連絡事務所以外のチームにも所属していらっしゃいますよね。

西岡:そうですね。リモートワークも定着しているので、希望次第では、熊本に居ながら福岡や東京の仕事に携わることもできます。

藤本さん:そういった意味では、熊本も含めて地区事務所の魅力が高まってきていますよね。

 

座談会を通して私自身も熊本連絡事務所の魅力を再確認することができました!

熊本連絡事務所の特徴としては他にも、女性メンバーの比率が高く、*FWPや育休制度などを利用してプライベートと仕事を両立しているメンバーが多くいることがあげられます。

受験生の皆様にも、熊本連絡事務所の魅力が少しでも伝われば嬉しく思います!

*FWPフレキシブルワーキングプログラムという、妊娠・育児・介護・不妊治療などと仕事を両立するメンバーが、バランスを保ちながらキャリアアップを目指せるよう、短日勤務や短時間勤務、業務量の軽減、休職など様々な働き方を選択することができる制度です。

以上、熊本連絡事務所の座談会でした!

次回は合格発表までの過ごし方についてご紹介します。

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)