広島事務所

記事一覧へ

若手スタッフ座談会 Part1

皆さん、こんにちは。広島事務所に入社して4年目、シニアスタッフ1年目の齊藤です。

今回、入社1~3年目の若手スタッフと座談会を開催しました。その内容を2回に分けて掲載し、今回はPart1となります。皆さんに少しでも私たちのことを知っていただければ幸いです!

集合写真

写真、左から

ファシリテーター:齊藤(シニアスタッフ1年目)

若手スタッフ:岡本(スタッフ1年目)、古屋(ジュニアスタッフ1年目)、松平(スタッフ3年目)

 

会計士を目指したキッカケ

齊藤:早速ですが、公認会計士を目指したキッカケを教えてください。

古屋:大学のゼミで公認会計士という職業を知りました。私は実家で仕事をしていましたが、経理の知識が必要になったため、簿記の勉強を開始。徐々に「会計」に興味が湧き、公認会計士試験に挑戦したいと思うようになりました。

岡本:私は友人が会計士として働いていたため、話を聞いているうちに興味が湧きました。

松平:私は大学で簿記の授業を受けステップアップを考えているときに、会計士試験のことを知ったのがキッカケです。

齊藤:皆さんそれぞれ異なりますね。自分は働くうえで何か「武器」が欲しいと思ったため会計士を目指しました。友達に会計士がいたのも大きいですね。

齊藤さん編集後

 

 

広島事務所を希望した理由は?

古屋:会計士を目指していたものの、具体的にどのような業務につきたいかは明確には決まっていませんでした。そのような時、説明会で、「広島事務所では監査以外にも幅広い業務ができる」ことを聞き、トーマツの広島事務所を希望しました。また、広島に知り合いが多く、土地勘があったのも決め手です。

岡本:地元に近い場所で働きたいと考えていたため、勤務地は広島が希望でした。私はコンサルティング業務に興味があるのですが、広島事務所の説明会に参加した際、「会計士にしかできないコンサルティング」という話を聞き、将来自分もこのような仕事がしたいと思ったことが決め手です。

岡本さん編集後

 

松平:私は大学卒業後、会計大学院に進学し、インターンシップとして計4日間、トーマツの大阪事務所と東京事務所に行ったことでトーマツを身近に感じました。公認会計士試験合格を機に、地元の広島で就職したいと考え、広島事務所を選びました。

齊藤:自分もリクルーターとして説明会などで皆さんとお話しする機会がありました。皆さんの広島事務所への入社が決まった際に、とても嬉しかったのを覚えています。

齊藤さん古屋さん編集後

 

広島事務所の雰囲気について

古屋:皆さん仕事中はとても集中をしていますが、休憩時間や終業後などオフの時間は話しかけやすく、話が弾みます。

岡本:個性的な人が多く、魅力的に思います。先輩たちは1年目である私の意見でもきちんと聞いて下さるので、自分の考えを伝えやすく、働きやすい環境だと感じています。

松平:優しい人が多く、各自の個性を活かせる職場だと思います。

松平さん編集後

 

齊藤:確かに、皆さん専門家ということもあるのか、個性的な人が多いように感じます。個人の意見を尊重してくれる風土があり、積極的にパーソナリティを理解し、尊重してくれようとする人達が集まる事務所だと個人的にも思います。

 

Part2では、仕事について話していただきます!

次回もぜひ、ご覧ください!