広島事務所

一覧に戻る

非監査業務を通しての地域貢献

皆さん、こんにちは!

広島事務所リクルートブログ担当、河野です。

今回は、公認会計士が行う助言・指導業務についてご紹介いたします。

マネジャーの松前さんにインタビューを行いました。

 

助言・指導業務に携わるキッカケとは?

松前(以下同):ゆくゆくは地元である島根県にて、仕事で貢献をしたいと考え始めた事がキッカケです。そのために監査以外の様々な知見を得つつ、幅広い業務を経験することが将来の自分に活きるのではないか、と考えたからです。

 

具体的にどのような助言・指導業務に携わっていますか?

監査に携わり積み上げてきた知見や経験を基に、管理体制を強化したい企業に対して内部統制の構築支援を行ったり、創業から間もない事業主や企業の方の「伴走者」となり、創業者自身が解決へ向かうための相談にのってサポートをしたりしています。私たちはあくまでサポート専門。主役である企業や創業者の成長を支援しています。

hiroshima_matsumaesan_1

監査業務とのバランスはどのように取っていますか?(監査と助言・指導業務の両立)

監査もコンサルティングも一人で全てを行うことはできないので、自分一人で業務を抱え込みすぎないように心掛けています。自分の専門外の分野や難しい案件を任された際には、先輩や他部署の同僚に相談をすることを心掛けています。また業務がひっ迫しているときに、積極的に業務を引き受けてくれる後輩がいることも大きな支えになっています。

広島事務所は様々な分野の専門集団でありながら、困ったときは助け合える非常にアットホームな事務所ですので、業務のバランスがとりやすいです。

 

助言・指導業務の魅力とは?

様々な背景を持つ「人」と出会えることです。監査業務のみを担当していた時と比較すると、創業者、クライアント、支援団体の方々など、多種多様な人と接する機会が増えました。

 

助言・指導業務に関わることで監査業務に与えたプラスの影響はありましたか?

最近の監査では、企業のビジネスモデルを正確に理解した上でビジネスリスクを把握することの重要性が高くなっています。助言・指導業務では経営者の立場に立って企業を見ることから、経営者の目線からの企業理解ができるようになります。監査業務においても、こうした視点を活かすことで、ビジネスモデルの理解、ビジネスリスクの把握がより深くできるようになり、監査の品質を高めることができると思っています。

 

広島事務所から発信する地域貢献とは

自分たちの持つ知見を活かして創業者を支援し、創業者の事業が拡大すれば広島の経済が盛り上がる。実現には時間が必要かもしれませんが、今の業務が間接的な地域貢献につながると信じて力を注いでいます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回もどうぞ、お楽しみに。

一覧に戻る