北陸事務所・金沢連絡事務所

記事一覧へ

所長挨拶

受験生の皆さん、こんにちは。北陸事務所所長、大枝和之です。
ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

皆さんは今、間近に迫った論文式試験に向けて、暑い毎日が続く中、ラストスパートの気持ちで勉強に励んでいることかと思います。新型コロナウイルス感染症の影響も含めて色々と不安はあると思いますが、ベストを尽くすことが出来るよう心から願っています。

私は論文式試験を終えてから25年程度が経ち、様々な経験を重ねながらトーマツで会計士人生を送ってきました。楽しいことも、大変なこともありましたが、クライアントと向き合いながら充実した日々を過ごすことが出来、この職業を選択して本当に良かったと思います。皆さんとも、これからトーマツでこの思いを共有出来たら、大変嬉しく思います。

 

私たちは、北陸地区(富山県、石川県、福井県)に北陸事務所(富山県富山市)、金沢連絡事務所(石川県金沢市)の2拠点を配置し、一体運営をしながら総勢約30名のプロフェッショナルが地域のクライアントに監査及び各種アドバイザリーサービスを提供しています。また、最近は自宅にいながらリモートで業務を進める環境が整ってきたため、北陸地区以外、例えば東京の大企業クライアントの監査チームの一員として働く機会も増え、より多くの業務経験を積むことが出来ています。

 

北陸事務所・金沢連絡事務所の特色としては、規模は小さいものの、幅広い業務を担当していることが挙げられます。金融機関、製造業、サービス業、鉄道業などの多様な事業会社の法定監査を担当するともに、地方公共団体、国立大学法人、社会福祉法人などにも監査サービスを提供しています。また、アドバイザリーサービスについても、株式上場指導、企業買収に係るものから病院に対するものまで、東京をはじめとした各事務所との連携を保ちながら幅広いサービスラインを展開しています。事務所のメンバーが皆、監査とアドバイザリー業務の双方に係っているために幅広い業務を担当することになるということも特徴です。また、30名程度と全員の顔が見えるアットホームな規模の組織であり、かつ、トーマツの良さと言われる人間関係がフラットな文化があるため、とても働きやすい職場だと思います。

 

リモートワークの広がりによって、地方においても業務の多様性はさらに広がるものと感じています。地区事務所で働く元々のメリットである環境の良さに加えて、多様な業務経験を積むことも出来るようになってきている今、地区事務所勤務で働くメリットは多いと思います。

皆さんとお会いできることを楽しみにしています。