北陸事務所・金沢連絡事務所

北陸事務所長よりご挨拶

受験生の皆さん、有限責任監査法人トーマツ 北陸事務所長 大枝 和之(写真右)です。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

当ブログをご覧いただいている方は、北陸事務所への就職に対して、少しでもご関心をお持ちの方かと思います。

今回は北陸事務所の魅力について、所長の私が考える3つのポイントをお伝えします。

①少人数でアットホームな規模ながら多様な人材が集っている

北陸事務所は金沢と富山の2拠点で30名程度が所属しています。

メンバーは北陸地区出身者が中心ではありますが、新卒で当事務所に入った方もいれば、東京や他地区の事務所を経て当事務所に異動した方もいます。

また、出身は北陸ではないものの北陸に魅力を感じて移住した方、別監査法人から転職した方、他業界での経験を持つ方など、多様な人財が集っています。

私自身は静岡出身で2年前まで東京事務所で働いていましたが、今は北陸事務所での勤務を楽しんでいます。

多様な人財が集うことで、誰もがとけこみやすく、オープンでそれぞれの個性を尊重する風土が根付いていると思います。

②企業の監査だけでなく非営利組織の監査や非監査業務も経験出来る

大手監査法人の東京事務所や大都市圏の監査法人に入社すると、上場企業中心の監査を担当する部門、金融機関の監査を担当する部門、非営利組織の監査を担当する部門など、配属部門によって関与できる領域が決まってしまうことがあります。

それはそれで、その領域の監査を深く学べる良さがありますが、一方で、幅広い領域の業務に関与することは一般的ではない場合があります。

北陸事務所では、北陸地区の企業の監査だけでなく、国立大学法人や学校法人(私立大学)、農業協同組合等の幅広い領域の監査を経験することができ、また、監査以外の業務(株式上場支援、企業M&A等に係るアドバイザリー業務、地方創生関連の業務)にも希望に応じて関わることが可能です。

このような環境を通じて幅広い業務経験を積むことで、「地区経済の発展に貢献する」公認会計士として成長できるのではないかと思います。

③有限責任監査法人トーマツの一員になることでキャリアの発展性、多様性が広がる

有限責任監査法人トーマツの良さの1つとして、組織間の垣根の低さがあると思います。

実際、北陸事務所から業務経験を積むために東京事務所に期限付きで異動するメンバー、海外赴任するメンバー、監査以外の業務を本格的に経験したくてグループ会社に出向するメンバーなどがおり、北陸事務所でキャリアをスタートしても、キャリアの発展性は無限だと感じます。

最近は、リモートワークの広がりによって、北陸地区に居住したまま東京の業務に関与することも珍しいことではなく、地区事務所で働く本来のメリットである環境の良さに加えて、大都市で働くこととそん色の無い業務経験を積むこともできるようになってきています。

また、「働きやすさ」の面でも、私たちは多様な働き方を尊重する姿勢を大事にしています。

私自身、多様な個性を持つ仲間がそれぞれを尊重しながら、組織全体として力を発揮する事務所にしていきたいですし、自己研鑽やリフレッシュのための時間をなるべく創出できるようにしたいと思っています。

 

少し長くなりましたが、上記3つのポイントをご覧いただいて北陸事務所への関心が増した方は、是非とも、今後のリクルートイベントにご参加をいただけると幸いです。

皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

 

北陸事務所・金沢連絡事務所のイベントページはこちら

※イベント情報は今後掲載予定です

イベントのご予約にはプレエントリーが必要です。

プレエントリーがまだの方は、こちらからプレエントリーを⾏ってください。

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)