大阪・京都・神戸事務所

一覧に戻る

部門紹介 ①CAリージョン編

皆さん、こんにちは。
関西リクルートブログ運営メンバーの関です。

今回は「部門紹介編で、監査部門以外の部門を紹介します!

監査法人には様々な部門があり、
監査部門での経験を生かし、他部門で活躍される方がたくさんいます。
その中でも入社1年目からでも兼務可能な「CAリージョン(IT監査)」「FIG(金融インダストリーグループ)」についての紹介です。

尚、昨年は「IFRSアドバイザリーグループ」「ミドルマーケティンググループ」「関西アドバイザリー」「ヘルスケアアドバイザリー」をブログで紹介しているので、ご興味のある方はぜひご覧ください!

「部門紹介編」の1つ目であるCAリージョンについては、ディレクターである滝さんから紹介します。

皆さん、こんにちは。CAリージョンの滝 朝世(たき あさよ)です。
今回は、私の所属するCAリージョンについて、どのような業務を行っている部門かについて紹介します。

CA

CAの業務を一言で表すと、
監査業務に深く関わるIT監査業務です!

リスクアドバイザリー事業本部の中の1つの部門であり、東京・関西・中京・西日本それぞれにメンバーが在籍しています。

早速ですが、
皆さんはIT監査にどのようなイメージをお持ちでしょうか?

監査業務とITは現在、切っても切れない関係にあります。
私が監査業務を始めた頃、もちろんPCは使っていましたが、監査調書はほとんど紙でした。
それが今やほぼ全ての監査調書は電子化され、高度なアナリティクス(=分析)手法も監査に活用されるようになりました。

会社の業務においても、
ITの利用はますます広範囲に、かつ高度になっています。
AI、ロボティクス、ブロックチェーンなどの新たなIT技術を業務に取り入れる企業も出てきており、今後さらにこのスピードは加速していくものと考えられます。

CAは、ITの専門知識とスキルをもつ内部専門家として、監査に関連するITの信頼性の評価を担っています。

具体的には、ITシステムの管理に関する全般的な内部統制であるIT全般統制、プログラムで自動化された内部統制である業務処理統制の評価はもちろん、監査手続に必要なデータ加工・分析、仕訳テストなどがあります。

また、関西にはアナリティクス専門メンバーがいて、関西エリアを中心としたアナリティクス業務を担っています。
さらに全国レベルの取り組みとして、ブロックチェーン技術に基づく取引の監査や、抜本的に監査のやり方を変革させうる継続的なデータ監査の実現に向けた検討を始めています。

関西のCAには、私のように監査部門からの異動でCA専任となったメンバー又は、監査部門とCA兼務をしているメンバーと、もともとITベンダー等でシステム構築等に関わり、IT専門知識をもって転職されてきたメンバーがおおよそ半数ずつ在籍しています。

このように監査部門出身者や現役兼務者が多く存在するのは全国各地区のCAでも関西独自の構成です。

会計とITそれぞれに強いメンバーが互いに専門スキルを高め合い、
切磋琢磨して監査と会社の環境変化に対応し、さらにその先の監査の形を見据えてIT監査業務に当たっています。

会計士を目指す皆さんには、ぜひITに苦手意識を持つことなく、監査人としての基本スキルの一つと考えて取り組んでいただければと思います。

CAに興味を持っていただけた方は、トーマツ関西エリアのリクルートイベントの中で個別ブースも用意しています。ぜひ、お気軽にイベントへお越しください。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

 

【トーマツ関西エリア 電子パンフレット公開中!】
https://recruit.tohmatsu.co.jp/ebook/osaka/

【トーマツ関西エリアのリクルートからのお願い】

トーマツ関西エリアのリクルート活動をよりよくするために、受験生の皆さんからのご意見、ご要望をお待ちしています。

ブログに限らず、説明会、パンフレットなどリクルート活動全体に対するご意見がございましたら、下記のアドレスにお願いいたします。

kansai-recruit_blog@tohmatsu.co.jp

一覧に戻る