大阪・京都・神戸事務所

一覧に戻る

部門紹介最終回!HCA編

数回にわたり、皆さんが将来どのような仕事をしていきたいのかを考えるきっかけになれば…とトーマツ関西エリアの部門を紹介してきました。略称ばかりで、最初は馴染みがなかったかもしれませんが、少しはご理解いただけましたか?今回は部門紹介最終回「ヘルスケアアドバイザリー(略してHCA)」のご紹介です。
皆さんがこのブログをご覧になって、少しでも興味を持った部門や職員がいれば、ぜひイベントなどで「職員の生の声」を聞いてください。ブログだけではわからない面白い話が聞けると思います。

<リクルートブログ担当より>

皆さん、こんにちは。アドバイザリー事業本部ヘルスケアアドバイザリー(HCA)の眞岩 研徳(まいわ あきのり)です。今回は私が所属するHCAについて、ご紹介します。
PSHC①

私たちが住む日本では、これから世界が経験したことのない高齢化社会を迎えます。
今年大学を卒業された方が65歳になるころ、日本の65歳以上の人口割合は40%に達すると見込まれています。
特に、日本の医療・介護制度は現状のままでは社会保障財政の破綻が懸念され、抜本的な改革を避けて通ることはできません。政府としても、医療・介護分野は日本再興戦略2016の「官民戦略プロジェクト10」の一つに数えられ、国家的に様々な取組みが推進されています。

私たちHCAの主な業務は、この制度改革真っ只中の医療・介護業界に対する業務となります。

HCAでは
医療・介護事業者の経営改革支援

●M&A(事業再編)・事業承継支援

●医療・介護のICT化

●人事制度構築支援

●新病院の基本構想策定支援

など、様々なアドバイザリーサービスを展開しています。そして、これらのサービス提供で培った専門知識を核に、行政の医療・介護調査案件や大学の研究事業などへの参画を通じて、医療・介護制度改革に貢献しています。最近では、企業の新デバイスの開発支援や、医療・介護業界のAI化、ロボット技術の開発支援、日本式医療・介護の海外輸出支援など、私たちHCAの領域も拡大しています。
ぜひ、トーマツのWebサイトにあるHCAのページをご覧ください!

もちろん、このようなサービスは公認会計士だけではできません。HCAには公認会計士以外のコンサルタントが多数在籍し、プロジェクトに応じて最適なチームを編成しています。HCAは全国規模で運営していますので、大阪事務所のみならず東京・名古屋・ほかの地区事務所のメンバー、また案件によってはデロイト トーマツ コンサルティングなど、デロイト トーマツ グループの各法人と協働しています。医療従事者や戦略コンサルタント、社会保険労務士、一級建築士、税理士などの会計士とは異なる専門家たちとの協働は新たな発見が多く、刺激的な毎日です。
専門家集団のデロイト トーマツ グループだからこそ得られるこの成長の機会を、ぜひ皆さんにも経験していただきたい!と強く思います。
PSHC②

写真は、日本の社会課題の解決に、果敢に、そして一丸となって取り組んでいるHCAの大阪メンバー(ほんの一部)です。将来の日本を背負っているという自負が笑顔に溢れていますよね!

最後までご覧いただきありがとうございました。皆さんとリクルートイベントでディスカッションできる機会を楽しみにしています!

 

【トーマツ関西エリアのリクルートからのお願い】

トーマツ関西エリアのリクルート活動をよりよくするために、受験生の皆さんからのご意見、ご要望をお待ちしています!

ブログに限らず、説明会、パンフレットなどリクルート活動全体に対するご意見がございましたら、下記のアドレスにお願いいたします。

kansai-recruit_blog@tohmatsu.co.jp

一覧に戻る