那覇事務所

所長インタビュー

受験生の皆さん、こんにちは!

那覇事務所のスタッフの平良です。

今回のブログは那覇事務所所長へのインタビューです。

写真右が那覇事務所長の濵村さん、左が私です。

 

(平良)まずは自己紹介からお願いします

(濵村)こんにちは!那覇事務所長の濵村です。大阪出身で、関西や福岡での勤務経験もありますが、沖縄にも延べ15年住んでいて今は那覇事務所所長をしています。

 

(平良)それでは那覇事務所の紹介をお願いします。

(濵村)メンバーは10名の小さな事務所ですが、沖縄の上場会社(プロマーケット除く)6社のうち4社を監査しており、非監査業務にも取り組んでいます。監査やそれ以外の業務を含め、伸び盛りの事務所で非常に活気があります!メンバー全員がいつも自主的に事務所全体のことを考え、自由に楽しく仕事をしていてとても雰囲気が良いです。

 

(平良)私は入社して3年が経ちましたが、監査以外の業務も増え、様々なことにチャレンジできているのも那覇事務所ならではだと実感しています。私自身メリハリを意識しながら切磋琢磨できる良い環境で仕事に励んでいますが、那覇事務所に活気がある秘訣は何だと思いますか?

 

(濵村)小規模な事務所なので全員が事務所全体を見渡して、自分の役割を考えながら同じゴールに向かって成果を出しているからだと思います。今年は、メンバーが自主的に那覇事務所の中期経営計画を策定してくれました。そのビジョンには「世界から信頼される琉球No.1プロフェッショナル集団」を掲げています。会計士に限らず全国のデロイト トーマツ グループのプロフェッショナルの力を結集して地域に根差した貢献を目指し、かつグローバルに開かれたトーマツだからこそ、実現すべきビジョンだと考えています。

 

(平良)最後に就活生の皆さんへメッセージをお願いします。

(濵村)会計士試験に合格するには大変な勉強をしなければいけませんが、勿論合格がゴールではなく、プロフェッショナルである以上は常に研鑽をし続ける必要があります。その中で大事にしてほしいことは、単に本に書いてあることや人の話を鵜呑みにするのではなく、それらについて「自分の頭で考える」「自分の言葉で伝えられるようになる」ということです。今後どれだけAIが発達したとしても、会計士として、プロフェッショナルとして、そして生身の人間として、自分の言葉でクライアントと向き合い、健全な成長を促していく必要があると考えています。人として自分の頭で考え、人であるクライアントに向き合う、そのような機会を様々な形でトーマツは提供できると信じていますし、那覇事務所でもそれができるよう私も努力していきたいと思います。

 

(平良)濵村さん、お話ありがとうございました。

皆さん、いかがでしたでしょうか?那覇事務所ついて少しでも興味を持ってもらえると嬉しいです。皆さんと一緒に働けることを楽しみにしております。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回のブログもご期待ください!

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)