新潟事務所

スタッフの業務と地方創生業務への関与

こんにちは。

有限責任監査法人トーマツ 新潟事務所の戸松 巧(とまつ たくみ)です。

今回は、私自身の経験からスタッフ1年目の働き方について、監査業務、アドバイザリー業務両面からお話しします。

監査業務

入社直後のスタッフは、まず3月決算の業務にアサインされ、期末監査の実証手続を行うことが多いです。

具体的な業務としては、確認手続や証憑突合、増減分析等のヒアリングを行うことが多かったです。

複数の現場をこなし、業務に慣れてくると新たな勘定科目や手続にも挑戦できます。

期末監査が終了すると、四半期レビューや内部統制監査の業務が多くなります。

四半期レビューでは、クライアントへの質問や分析的手続を中心に進めていきます。

内部統制監査では、業務の流れを理解するためのヒアリング、年間を通じて内部統制が有効に機能しているか証憑の検討を行います。

3月以外が決算期のクライアントの業務にアサインされる場合は、この間に期末監査も行います。

年間を通じ四半期レビューや内部統制監査に取り組み、クライアントとコミュニケーションをとることで勘定科目や会社の業務、監査手続についての知見が深まっていきます。

アドバイザリー業務

ここまで監査業務の一般的な流れをお話ししましたが、私は1年目から新潟事務所が提供する地方創生関連のアドバイザリー業務にも従事しています。

地方創生業務の担当領域は幅広く、起業予定者に向けたセミナーの企画や大型イベントでの広報活動、メールマガジンに掲載いただく広報文案の作成など多岐にわたります。

1年目から内外の専門家への企画説明、さらに広報活動を通じ企業のリアルな課題を知ることができ、想像していた以上にやりがいのある業務にかかわることができました。

私自身、新潟に貢献したいという思いがあり、地方創生業務に注力しています。スタッフ1年目からでも地方創生業務に関与が可能なトーマツを選びましたが、その時の判断は間違っていなかったと感じています。

新潟に貢献したい、監査で得た知見を別の形でも生かしたいと考えている方はぜひ新潟事務所にお越しください!

最後に、イベントのご紹介です。新潟事務所では9/11(月)に説明会を予定しております。

新潟事務所について隅々までお話ししますので、イベント情報ページの案内からぜひご参加ください!

皆さまとお会いできることを、社員・職員一同楽しみにしております。

 

新潟事務所イベントページ

イベントのご予約にはプレエントリーが必要です。

プレエントリーがまだの方は、こちらからプレエントリーを⾏ってください。

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)