新潟事務所

会計監査とアドバイザリー業務

皆さん、こんにちは!新潟事務所の大﨑 卓哉(おおさき たくや)です。

私は、新潟事務所に入社後、製造業や金融業等の会計監査に加え、FAS(Financial Advisory Service)業務を中心としたアドバイザリー業務に従事してきました。

今回は、新潟事務所での会計監査とアドバイザリー業務について紹介をしたいと思います。

 

会計監査

会計監査における新潟事務所の魅力は2つ挙げられます。

1つ目は様々な業種を経験できることです。新潟事務所であれば、製造業、小売業、サービス業、不動産業、金融業、パブリック関連等の幅広い業種の監査に加え、IPO案件にも関与することができます。

2つ目は業務の経験スピードが速いことです。スタッフから専門性が高い領域の担当や監査チームのマネジメントを経験することができます。

若い年次から幅広い経験を積むことができるという点は、アドバイザリー業務にも生きてきます。

監査業務を通じて会計処理や会社の実態に応じた内部統制を適切に理解するという経験は、これらの知識を前提に分析、提言を行うアドバイザリー業務に欠かせません。

新潟事務所では、早くから会社の事業の全体感を把握することができ、クライアントと直接コミュニケーションをとる機会が多くありますので、これらの経験を生かしてスタッフのうちからアドバイザリー業務に関与している職員もいます。

会計の知識を多方面で活用したいという方は、ぜひ新潟事務所をご検討いただければと思います。

 

アドバイザリー業務

私は現在、主にM&A関連、組織再編関連の業務に従事しています。

具体的には、M&Aにおける買収価格の助言や買収対象企業のDD(デューデリジェンス)、ホールディングス体制の構築に関する助言等を行っています。

これらの業務は、会計という共通の知識を用いつつも、企業が将来に向けて行う意思決定に直接役立てることができますので、監査とは異なる視点で会社を見ることができる興味深い業務だと思います。

監査業務の経験を直接生かすことができ、公認会計士が活躍できるフィールドです。

(写真中央が私です)

もっと具体的な話を聞いてみたいと思った方は、ぜひ新潟事務所にお問い合わせください!

お問い合わせ先はこちら:niigatahr_recruit@tohmatsu.co.jp

皆さんと新潟事務所でお会いできる日をお待ちしております。

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)