さいたま事務所

記事一覧へ

さいたま事務所でのキャリア形成(その2)

皆さん、こんにちは!さいたま事務所の渡邊です。

今回は「さいたま事務所でのキャリア形成(その2)」と題して、マネジャーの奈良佳和さんにインタビューを行いました。キャリアについて考えるきっかけになれば幸いです。

 (写真上:奈良さん、写真下:渡邊)

 

渡邊:奈良さん、本日は宜しくお願いします。

奈良:宜しくお願いします。

渡邊:奈良さんはトーマツの東京事務所で経験を積んだ後、さいたま事務所に異動してこられましたが、異動する前のキャリアとさいたま事務所に異動した理由を教えてください。

奈良:私は2007年9月入社し、金融事業部に所属していました。金融事業部では都市銀行の監査を中心に、共同監査、清算会社の監査などに4年ほど関与しました。その後、一度退社し、さいたま市の税理士事務所で働いていました。税理士事務所で働いていた時は、事業承継、再建計画、創業支援、銀行融資の実行支援など様々な業務をしていました。しかし、監査+αの業務に携わりたいと思い、2017年4月にトーマツ東京事務所の金融事業部に再入社しました。再入社後は監査のほかに福島復興支援や地方の産業支援業務に関わってきました。

さいたま事務所に異動するきっかけとなったのは、今までのキャリアによってさいたま市の経営者とのつながりがあったことや、地方支援業務に携わるうえで、より地方に近い場所を拠点にしたいと考えたからです。

渡邊:さいたま事務所に異動するきっかけに奈良さんの地方支援に対する思いを垣間見ることができました。現在は地方活性化にむけてどのような活動をしているのでしょうか?

奈良:中堅企業の事業継続力の支援や、観光関連の拠点再生支援業務などを行っています。いずれも埼玉県や栃木県、群馬県などの中堅企業の活性化を目的とした事業で、監査とは違った魅力があります。支援内容の一部例をあげますと、中堅企業に対して、COVID-19、自然災害等の事前の対策の知見をもつ人財によるオンライン型の実践セミナーの実施や当該専門家を派遣するハンズオン支援などがあります。中堅企業の経営者に寄り添ったアドバイスになりますので、監査とは異なるスキルが必要になります。そのため、スキルアップには非常に良い経験となっています。

また、さいたま事務所ではさいたま市と連携して、スポーツ関係でスタートアップ企業を支援する取り組みも行っており、私も関与していて、主に事業の相談や事業計画の添削などを行っています。

いずれも監査で培った経験を生かせるのでみなさんも是非チャレンジしていただきたいと思っています。

渡邊:ありがとうございます。監査以外にも中堅企業支援で様々な取り組みを行っているのですね。監査とは違った形で企業に関わっていくことでスキルアップにつながり、様々なキャリアパスが描けそうです。
それでは、最後に今後の目標を教えてください。

奈良:様々な中堅企業支援により、埼玉の起業家を増やし「埼玉を元気に!」が目標です。私は埼玉県出身でして、以前より地元を元気にしたいと思っていました。日本の企業のうち99%は中堅企業と言われていますし、私は中堅企業が成長していくことで地方活性化につながると思っています。地方活性化の手助けができればと日々思っています。

 

渡邊:奈良さんの地方活性化への情熱が伝わってきました。本日はありがとうございました。

奈良:ありがとうございました。

 

次回は、「さいたま事務所の紹介(その2)」を掲載予定です。是非ご覧ください!

 

告知

さいたま事務所では個別相談会を随時開催しています!

ご希望の方は下記のアドレスまでメールでのお申し込みいただくか、リクルーターへ直接ご連絡ください。

申し込み先:saitamarecruit@tohmatsu.co.jp(採用担当:伊藤)
※詳細は個別相談会の内容をご確認いただき、「ご希望日時」および「ご相談内容の概要」を記載のうえご連絡ください。

皆さんのお申し込みをお待ちしております!