さいたま事務所

記事一覧へ

さいたま事務所新人経験談2~私の就活体験記~

皆さん、はじめまして。

さいたま事務所スタッフ1年目の鞍田です。

論文式試験受験後、いかがお過ごしでしょうか。コロナ禍の中、目標に向けて走り抜くことは並大抵のことではなかったと思います。体調に気を付けて、万全の態勢で就職活動に臨んでください。

今回は、私が2020年の論文式試験に合格し、同年の就職活動でトーマツに入社するまでの体験談を皆さんにお伝えします。

 

私は論文式試験を終えて、まず「自分は公認会計士として何をしたいのか」「どのようにキャリアを形成するのか」ということに悩みました。そこで、監査法人ではどのような業務が行われているのかを理解するために、積極的に東京事務所のイベントに参加しました。東京事務所では監査やIPO、グローバルといったセクターごとの説明会が盛んに実施されています。このような情報は自分のキャリアを考えるうえで非常に有用です。また、現在はオンラインでの開催が主流で遠距離からでも参加しやすいため、東京事務所を候補として考えていない方もぜひ積極的に参加してみてください。

 

私は富山県出身で、当初は地元に近い事務所へ就職しようと考えていましたが、さいたま事務所の説明会や懇談会に参加して職員の方々の雰囲気に触れることで、ぜひともこの方々と一緒に働きたいと考えるようになり、さいたま事務所を志望するようになりました。監査法人の地区事務所は従業員間の距離が近く、マネジャー以上の方ともお話しする機会が豊富にあります。また、就職活動中に接した職員の方々と一緒に働く確率が高いです。監査法人で働くときは事務所の雰囲気なども重要になると思いますので、ぜひ様々な地区事務所の説明会や懇親会に参加し、接した職員の方々と一緒に働くことをイメージしてみてください。雑談のような形でお話しするだけでも、事務所の雰囲気を感じていただけると思います。

 

無事公認会計士試験に合格された場合、地区事務所では早ければ当日から面接が始まります。面接ではマネジャーの方やパートナーの方がいて緊張するかもしれませんが、さいたま事務所では面接担当の方が温かく皆さんをお迎えしますので、緊張せずに皆さんの熱い思いを伝えていただければと思います。

 

最後に、合格日に焦らないためにも、エントリーシートは合格発表の前に仕上げることをお勧めします。エントリーシートは自分の将来の公認会計士像を明瞭化することに役立ちますし、早めに仕上げておくことで余裕をもって面接に挑むことができます。

 

以上が私の就活体験記です。

皆さんとトーマツで会える日を心待ちにしております。

 

次回は、「さいたま事務所パートナーインタビュー」です。是非ご覧ください!