さいたま事務所

さいたま事務所の業務その3~パブリック編

皆さん、こんにちは。

さいたま事務所 スタッフ3年目の福井です。

今回は、さいたま事務所の業務紹介第3弾、パブリック業務を紹介していきたいと思います。私はパブリック業務に興味があったため、入社1年目から地方自治体の包括外部監査に関与しています。

パブリック業務とは

監査法人におけるパブリック業務とは、国や地方公共団体、独立行政法人などを対象にサービスを提供するという内容です。法人内ではPS(パブリックセクター)と略されています。さいたま事務所が実施しているパブリック業務は、地方自治体の包括外部監査や県内の国公立大学に対する監査などになります。

包括外部監査の業務内容と魅力について

今回はパブリック業務の一つである包括外部監査をご紹介します。

「監査」とつきますが、監査基準に基づいて監査報告書を作成する保証業務である「財務諸表監査」とは異なります。包括外部監査は、監査基準のような明確な基準は無く、監査チームで作成する意見書を自治体に提出する業務であるため、「非保証業務」に該当します。

包括外部監査の特徴としては、最終的に対象とする事業やテーマを監査人が決定します。決定した事業に関するテーマについて、自治体から入手した情報や他の地域での事例などを参考にしながら、ヒアリング等で状況を把握し、指摘事項や改善点等を取りまとめ、最終的に意見書として提出します。

昨年は高齢者福祉事業に関するテーマを設けて、私が担当する自治体にヒアリングして意見書を作成しました。

包括外部監査の魅力は、地方自治体が提供している住民サービスの特徴を知ることができることです。自治体が抱えている課題に対してより良い方向に向かうよう提案することにやりがいを感じます。また、課題や改善点を洗い出し、指摘する点は、財務諸表監査にも生きていると感じています。

若い年次からパブリック業務を経験できる点はさいたま事務所の良いところだと思います。皆さんも興味がありましたら、ぜひさいたま事務所で一緒にパブリック業務をやってみませんか。

こぼれ話「私のグルメ」

「さいたま事務所近くには美味しいグルメがたくさん」

私の趣味は食べ歩きです。写真はさいたま事務所から15分ほど歩いたところにあるイタリア料理店のラザニアです。個人的に大宮でナンバーワンの味だと思っています。もし、さいたま事務所に入社された際には、お店をご紹介しますね。

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)