さいたま事務所

さいたま事務所の魅力~パートナーインタビュー~

皆さん、こんにちは。さいたま事務所の橋本です。

今回は、さいたま事務所パートナーの浅井 則彦(あさい のりひこ)にインタビューしました。

(さいたま事務所メンバーと。前列中央が浅井)

 

916日にさいたま事務所の最後の説明会が行われました。今年は3回(対面2回、リモート1回)に渡って就活生の方と接する機会がありました。改めて、説明会を終えた感想をお願いします。

 

まじめな方が多く、いろいろ調べて来てくれていたという印象です。さいたま在住の方も多く、東京とさいたまでは何がどのように違うかなど、好奇心を持って質問してくださり嬉しかったです。

 

-新型コロナウイルスの影響で、対面での説明会は2019年以来4年ぶりとなりました。いかがでしたか?

 

「やっぱり対面はいいな」と思いましたね。温度感、空気感、興味など、色んな事が表情からも伝わってくる気がしました。あと、これまでよりも来てくださる方々の年齢層が幅広くなったなと感じました。20歳から、40歳代までの方に来ていただきました。

 

-就活生からの印象に残った質問はありましたか?

 

簡単な話のはずなのに答えるのが難しいと思ったのは、「高品質な監査とは何か?」という質問でした。これは人によって答えも変わるし、言葉にして答えようとすると難しいなと思いながら話していました。

 

 

-浅井さんがトーマツを選ぶ決め手になったのはどのような点でしたか?

 

私が就職活動をした当時(1996年)は、合格発表後に就職活動が始まったんですよね。合格発表日にいくつか面接を受けるという時代でした。トーマツを選んだポイントは、面接官の雰囲気がよかったという点でした。具体的なところではないかもしれませんが、これも重要な決め手だと思います。

 

-改めてさいたま事務所の魅力をお願いいたします。

 

大手法人でありながら、顔が見える範囲で仕事ができる事務所です。地域貢献やコンサル業務など、手を挙げれば、やりたいジャンルを若い年次から経験できます。好奇心旺盛な方にぜひ、来てもらいたいです。お待ちしています!

 

こぼれ話「私の夏休み」(浅井)

息子と2人で、関西旅行に行きました。写真は夏の甲子園を外野席で観戦したときのものです。甲子園は初めてで、思ったよりグラウンドが近いなという印象でした。ほかにもお笑いやプロ野球を見て、翌日は水族館と大阪城に行き、もつ焼きと串カツを食べて、と充実した夏休みでした。

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)