札幌事務所

3つの業務で育まれる付加価値(監査、IPO、コンサルティング)

皆さま、こんにちは。札幌事務所の瀧ケ平と申します。

監査法人には多種多様な業務があります。特にトーマツでは、監査、IPO(スタートアップ支援を含む)、コンサルティングなど幅広い仕事があります。私はこれまで上記3つの業務を満遍なく経験する機会に恵まれました。

私の経験では、これらの業務が互いに影響を与え合って相乗効果を発揮し、会計士業務の付加価値を高めると考えています。以下、順を追ってご説明しましょう。

■会計監査の知識はIPOに不可欠

成長過程の会社によく見られるのは、ビジネスアイデアを形にして事業規模の拡大を優先するものの、経理や人事と言った管理業務の拡大がそれに追いつかない、というケースです。IPOを目指す会社も例外ではありません。管理業務の仕組化が十分でない結果、担当者の個人的経験に左右されることも少なくありません。

しかし、そのままでは成行き任せの業務から脱却できず、会社としての成長にも限界があります。そのため、私たちが会計監査の経験で培った「あるべき管理業務」を導入し、会社としてレベルアップするための提言をします。

一口に「あるべき管理業務」と言っても、業種や事業規模などに応じたものが求められます。様々な会計監査の経験を積んだ会計士でなければ導入は難しいことでしょう。このように、IPOには会計監査の知識が不可欠なのです。

■IPOでの経験がコンサルティングに活用できる

ある程度IPO業務を経験すると、経営者の悩みがどこにあるのか、管理担当者はどこでつまずくのか、どこを改善すれば会社の成長が加速するのかという知見が得られます。私の場合、こうした課題抽出・整理の経験は、コンサルティングにも活用できました。

コンサルティングを受けようとする会社の課題は実に様々です。多忙な経営者の頭の中は課題であふれており、十分に整理されていないこともあります。Aという課題解決を依頼されたが、実はBのほうが重要で優先順位も高かったという例もあります。IPOで培った課題抽出・整理の経験をもとに、会社が最優先で取り組むべき課題を指摘することができれば、単なる「御用聞き」ではなく「参謀」として、1ランク高いコンサルティングが可能となります。

■コンサルティングのスキルは会計監査に大いに役立つ

最後に、コンサルティングと会計監査の関係です。コンサルティングの基本動作としてよく言われるのは、「仮説思考」です。簡単に言うと、限られた情報をもとに「これは○○が原因で、その結果として△△が起こっているのかな?」と仮説を立て、それが正しいかを検証していく思考方法です。この仮説思考を意識しておくと、バラバラに見える情報をつなぎ合わせて様々な可能性を見出すことができ、会社のとるべきアクションを予想しやすくなります。その結果、例えば会計上の論点について早期発見・早期対応が可能になります。

また、コンサルティングのもう一つの基本動作に「プロジェクトマネジメント」があります。これはプロジェクトのゴールに向かって、チームメンバーの進捗管理を行い、スケジュールどおりに業務を進めるよう管理することです。「限られた時間の中で、誰が何を担当するか」を見極めることは、リーダーにとって極めて重要です。これが上手な主査がいるかどうかで、監査チームのパフォーマンスはかなり変わってくると思います。

 

以上のように、会計監査・IPO・コンサルティングの相乗効果に焦点を当ててご紹介してきました。私たち公認会計士の仕事は会計監査だけではないこと、そして、色々な知識・経験・スキルを身につけることで高い付加価値を見出せることがお分かりいただけたかと思います。

上記のように色々な業務に接する機会を得ようとお考えなら、私は地区事務所での勤務をお勧めします。地区事務所では、色々な業務を経験して自らの適性を見極めることができます。幅広い経験が様々なシーンでの適応力を育てます。そのうえで特定の専門性を高めたいならば東京の専門部署の門を叩いてみるとよいでしょう。それが将来、自分だけの「カラー」となって、光る存在になれると私は思っています。

 

札幌事務所で色々な経験を積んでみたい方は、ぜひ私たちと一緒に仕事をしましょう。皆さまが入社し、ともに切磋琢磨できる日を楽しみにしています。

 

有限責任監査法人トーマツ 札幌事務所

瀧ケ平 優治

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)