札幌事務所

私の休日の過ごし方

皆さん、こんにちは。札幌事務所シニアスタッフの清水と申します。

 

―休日前夜、そわそわすることがありますか?

私は金曜日の夜、車を走らせて目的地に向かう車中のワクワク感がたまらなく好きです。

海、山、川、森など、北海道の大自然のフィールドが休日を過ごす場所であり、私の大好きな場所です。「私の休日の過ごし方」、それは「自然と遊ぶこと」です。

夏は、サーフィンをするために波を追い求め、静かな癒しのキャンプを求め、憧れの山に登るために車を走らせ、冬は最高のパウダースノーを滑るためスノーボードを背負って山を歩いています。北海道中を駆け巡り、四季折々の自然を全身で感じています。

 

北海道歴ももうすぐ4年になる私ですが、北海道で感動した瞬間を少しばかりご紹介します。

≪SURFING≫

北海道の海を感じた瞬間といえば、昆布。サーフポイントにもよりますが、潮の匂いというよりも昆布の匂いがすごいのです!昆布出汁の海に入っているような、足に絡まる昆布の量にはじめは驚きました。

今まで、日本各地の海でサーフィンしましたが、北海道はのびのびと快適にサーフィンを楽しめます。ただ、海水温が冷たいことは我慢するしかないですが…

≪登山、SNOW BOARD/BACK COUNTRY≫

これまで訪れたのは、後方羊蹄山、暑寒別岳、利尻岳、十勝岳、富良野岳、上ホロカメットク山、阿寒岳、斜里岳、羅臼岳、硫黄山、トムラウシ山、旭岳、アンヌプリ、黒岳など。夏も冬も関係なく山を楽しんで登っています。

特に思い出深いのは、夏のトムラウシ山と冬の旭岳。

登山を始めた頃からずっと憧れていた、トムラウシ山。せっかく行くなら縦走したいと思い、黒岳~旭岳~トムラウシ山の紅葉に染まる天空の道を二泊三日(テント泊)で大縦走を決行しました。総歩行時間25時間32分、総距離42.4㎞。早朝の霧の中、私の体の倍以上ありそうな野生のエゾシカに遭遇したり、紅く染まる高原植物が生えそろう美しい高原を丸一日かけて歩いたり。人生の記憶に激しく残るシーンに何度も出逢いました。

冬の旭岳はもちろんバックカントリーで。見渡す限り白銀の、音がない世界で、ラインを描きながら自分だけの斜面を滑る。グローブもウェアもカチカチに凍ってしまうくらい寒いけれど、それ以上に雪山の美しさに魅了されます。

≪CAMP≫

キャンプは北海道にきて大好きになりました。朝、太陽の光と鳥のさえずりで目が覚めて、挽き立ての豆でコーヒーを飲む。夕方は虫の涼しげな鳴き声やカエルの大合唱を聞きながら焚火を眺めつつお酒を嗜む。時間の流れを感じながら、一日を過ごす贅沢をこんなに身近に簡単に過ごせるのだから、キャンプはやめられないですね。

最後に。休日を存分に楽しむためには、仕事と休みを明確に区別する必要があります。平日仕事を頑張ったからこそ、休日心行くまで満喫できる。オンとオフを分けることが何より大事だと思います。

あなたも札幌事務所で、休日前夜わくわくするような素敵な会計士生活、トーマツ生活を過ごしませんか?

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)