静岡事務所

一覧に戻る

~監査業務の魅力~

皆さん、初めまして。静岡事務所マネジャーの谷渕です。

私は静岡事務所で監査中心に業務を経験し、現在はエネルギー企業、金融機関、大学、IPO企業の監査主査と財務調査などの業務に従事しています。今回のブログでは監査業務、特に金融機関に対する監査について皆さんにお伝えしたいと思います。

 

~監査業務の現状~

監査を取り巻くステークホルダーの期待は高まっており、監査業務についても常に変化が求められています。企業のビジネスを理解し、変化をとらえ、リスクを適切に評価していくことが重要です。会計士はビジネスの理解に基づき、経営者と対等に対話することが求められ、そのような機会に、プロフェッショナルとして成長とやりがいを感じています。

 

~金融機関の監査~

金融機関は特有の専門知識が必要になります。専門知識は、静岡事務所のメンバーも、繁忙期以外の時期に勉強会などで、自己研さんを行っています。また、金融工学等の知識が必要になる、といった極めて専門性の高い領域は、金融のプロ集団である金融インダストリーグループと連携し、専門性の高いサービスを提供しつつ、ベースとなる監業務は静岡事務所のメンバーが行うことで、地域に根ざしたサービス提供を行っています。

また、半年に一度、金融機関の監査主査が集まり、情報交換を行い、監査のサービスレベルの維持・向上を図る機会も設けられています。このような場を通じ、全国の金融機関の主査とのネットワークができ、私にとっての1つの財産になっています。

 

~受験生のみなさんへ~

静岡事務所の魅力の1つは、幅広い業種・業態の経験を積む機会があることです。それぞれの業種・業態について、深く理解していくことで、それぞれに特有の経営上・管理上のノウハウを学ぶことができ、他の業種・業態へも活用できるため、監査業務だけでなく、アドバイザリー業務にもつながるスキル・ノウハウを得ることができます。

入社1年目から金融領域にチャレンジしたい方、なるべく多くの業種を経験したい方、あまり手を広げずに一つ一つの業務にじっくりと取り組みたい方など、静岡事務所は多様なニーズに合致すると思います。

皆さんを静岡事務所でお待ちしています。

谷渕さん2

 

一覧に戻る