静岡事務所

記事一覧へ

静岡事務所スタッフ対談!(前編)

皆さん、こんにちは。2019年入社、スタッフ3年目の谷本です。

今回は入社4年目の塩谷さん・平岡さん、3年目で私と同期の太田さん、入社2年目の伊藤さん・稲森さんでスタッフ対談を行いました。

各人が現在どのような監査業務を行っているのか、実際に現場で働いてみてどう感じているのかなどを紹介します。2回に渡ってお届けします!

 

最近の仕事内容を教えてください。

塩谷:私は上場企業の監査・保証業務を中心に、様々な規模・業務のクライアントを担当しています。上場クライアントの業種は、自動車部品メーカー、医療機器販売を中心に関与しています。
私は若い年次では監査業務メインで仕事をしたいと考えていたので、現状アドバイザリー業務には関与せず、入社から現在まで監査一本で仕事をしています。

谷本:塩谷さんは監査中心に業務を行っているのですね。
私の場合は、上場企業の監査・保証業務としてエネルギー業をメインに担当し、その他地方創生業務を行っています。私は1年目よりアドバイザリー業務に関与していますが、3年目にもなるとより両者のシナジーを感じています。
スタッフの時から監査のみでなくアドバイザリー業務にも積極的にチャレンジできる環境が静岡事務所の魅力です。

伊藤:私の場合は、上場企業の監査・保証業務として、食料品、人材紹介をメインに担当し、その他会社法監査やIPO業務に関与しています。谷本さんと同じく、私も1年目から監査業務以外にもチャレンジしたいと思っていました。そのような希望もあり、1年目からIPO業務に関与できているのはとてもありがたいです。

谷本:伊藤さんが言う通り、希望すればチャレンジできる環境があることは、とてもありがたいですよね。

 

仕事をしていて成長ややりがいを感じるのはどんなときですか?

平岡:私はクライアントに対して指導できるようになると、成長を感じます。具体的には内部統制ですが、多くの会社を見ることにより当初はなかった私なりのあるべき像が醸成されています。そして、それに基づきクライアントの内部統制を改善できた時はうれしかったです。

塩谷:私はクライアントから質問を受けたときに専門家として頼られていることを実感でき、喜びを感じますね。入社当初はクライアントに質問して教えてもらうことが多かったのですが、次第に経験を積み、逆にクライアントから質問されることが多くなってきたため、成長を実感できてうれしいですね。

 

静岡事務所の雰囲気はどうですか?実際に入社して感じたギャップはありますか?

稲森:ギャップはないですね。受験生として静岡事務所のイベントに参加した時に感じた雰囲気のままという印象です。上位者との距離が近いのでコミュニケーションがとりやすく、良い雰囲気だと思います。特に新型コロナウイルス感染症の影響があるなかで入社したこともあり、上位者の方から積極的に声をかけてくれるなど、質問しやすい環境を作ってもらえるのはありがたいです。

太田:確かにパートナーやマネジャーなど職位が違っても、気軽に会話できるのはありがたいですよね。
また静岡事務所は後輩を育てる文化があるため、OJTが多い印象です。私の場合は定期的にフィードバックをしてもらい、気づきをもらえ、ありがたいです。

平岡:入社前と少しイメージが違ったのは、思っていたよりも静岡で担当しているクライアントの規模が大きいことです。
入社前は規模の小さなクライアントが多いイメージでしたが、今担当しているクライアントは売上が1,900億円程の規模で、様々な規模の会社に携わることができていますね。その一方で、私は東京のクライアントにも関与していましたが、東京のクライアントと違い、経理以外の事業部の方とも話しやすいのは静岡ならではだと感じます。

太田:確かに「日本を代表する超大企業」はないけれど、「地元に愛されて着実に成長している優良企業」は多いですね。

 

前編はここまでとなります。後編は、「リモートでの監査で変わった点」、「同期とのコミュニケーション」、「今後どのようなチャレンジをしていきたいか」について話しています。是非引き続きご覧ください!

 

 

 

 

 

◆静岡事務所イベント情報

1月30日(土)17:00~19:00 『若手スタッフと話そう!入社1年目の体験談』

https://recruit.tohmatsu.co.jp/event/shizuoka/21343

 

◆静岡事務所デジタルパンフレット

https://recruit.tohmatsu.co.jp/e-book/shizuoka/#target/page_no=1