静岡事務所

記事一覧へ

静岡事務所ってどんなところ?若手スタッフから見た静岡事務所の魅力

こんにちは!

スタッフ2年目、横浜出身の伊藤 大地(いとう だいち)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のブログでは、私が感じる静岡事務所の魅力について紹介します。

《静岡事務所の魅力》

・多様な業種・業務に挑戦できる

静岡事務所では部門が分かれておらず、一般事業会社、金融、パブリック・セクター・ヘルスケアの監査やIPO支援業務、地方創生業務などを幅広く経験することができます。

入社1年目から一般事業会社の監査もしつつ、これらの業務を経験できるのは静岡事務所だからこそだと思います。

・若手職員に対して静岡事務所全体でのサポートがある

静岡事務所では、育成マネジャー制度とバディ制度というものがあります。

育成マネジャー制度は、高い視座を持つための見本として、新人1名に対して主要クライアントのマネジャー2名が教育担当をする制度です。業務面での不明点の解決や不明点を踏まえた改善案など、具体的なアドバイスをしてくれます。

バディ制度は、新人1名に対し1~3個年次が上の先輩職員が相談相手となる制度です。業務面の相談のみならず、庶務面の不明点や日々の悩みを聞いてくれるお兄さん・お姉さん的な存在です。

 

現在、新型コロナウイルス感染症の影響により、トーマツ全体のルールに則った在宅勤務が続いていますが、先輩たちは新人職員を特に気にかけてくれています。そのため、在宅勤務下でも安心して業務を行うことができています。

以上、若手スタッフから見た静岡事務所の魅力をお伝えしました。