静岡事務所

記事一覧へ

ビジネス理解力を磨く!~M&A業務の魅力~

こんにちは、静岡事務所シニアスタッフの小林 敏樹です。

私は静岡事務所で監査やアドバイザリー業務を経験し、現在は上場企業の監査を中心に、財務デューデリジェンス業務にも従事しています。

今回は、みなさんにM&A関連業務である財務デューデリジェンス業務の魅力についてお伝えします。

 

~財務デューデリジェンスについて~

財務デューデリジェンスとは、クライアントが経営戦略手段としてM&Aを行う際の実態調査のことです。買収対象会社のビジネスを理解し、会計監査で培った経験や知識に基づいて調査を行い、正確な事実をクライアントに分かりやすく伝えることが必要となります。秘匿性が高い業務ですので、これらの調査は短期間で実施する必要があります。そのため、短期間でビジネスを理解するスキルや、調査内容や分析結果を分かりやすくまとめて伝える表現力が身に付きます。一見すると監査業務とは全く異なる業務のように感じられる方もいるかと思いますが、実は監査との親和性が非常に高く、短期間でビジネスを理するスキルは、変化の大きい経済環境の理解に有用ですし、分かりやすくまとめて伝える表現力は、監査調書の作成やクライアントへの報告資料の作成においても有用です。

 

~静岡事務所のデューデリジェンス~

静岡事務所では、デロイト トーマツ税理士法人の静岡事務所メンバーと連携して財務デューデリジェンスと税務デューデリジェンスを提供する機会が多くあります。そこで構築した関係性を生かして、監査業務においても円滑なコミュニケーションを取ることができます。

また、最近ではリモートで業務を進めることも多くなり、他の事務所のメンバーと協力して、より多くの件数、大きな案件のデューデリジェンスを実施しています。様々な事務所・職位・経歴のメンバーと一緒に仕事をするため、多くの刺激をもらうことができています。

 

~受験生のみなさんへ~

静岡事務所は部門の垣根が低く、幅広い業種の監査や監査以外の業務(デューデリジェンス、地方創生、アドバイザリー等)の経験機会が多いことが魅力の1つだと感じています。

多くの業種の監査を経験したい方、監査以外の業務にチャレンジしたい方など、希望に沿った経験ができ、これが静岡事務所の特徴だと思います。

みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています。