静岡事務所

記事一覧へ

金融機関も事業会社も同時に経験!~静岡事務所の金融監査~

皆さん、こんにちは。

静岡事務所シニアマネジャーの橋詰です。

私は、主に金融機関の監査業務に携わっており、今回は静岡事務所における金融機関の監査の魅力についてお伝えします。

 

~金融機関の監査とは?~

金融監査といえば皆さんは何を思い浮かべますか?

金融機関の監査の最大の特徴は「自己査定」の監査です。

自己査定とは銀行や信用組合等の金融機関が融資先のランク分けを行うことです。ドラマでも融資先の自己査定をめぐり、銀行と金融庁が対決する場面がありました。

実は、金融機関は自己査定の結果を利用して貸倒引当金を計上しているので、自己査定は監査法人にとっても重要な領域となります。さすがにドラマのようなやり取りはありませんが、監査法人と金融機関の間でも融資先の評価をめぐり、様々なやり取りがあります。

では、融資先の評価について、金融機関と意見交換するにはどのようなスキルが必要となるでしょうか?金融機関は融資を本業とするプロですので、生半可な実力では相手にされません。

決算書から返済能力を読み取る力、決算数値に表れない実力を見極める力、融資先が属する業界の理解など、様々な知識と能力が必要となります。

金融機関と同じレベルで融資先の評価ができて、そこに監査業務で培った経験を組み合わせることができれば、金融機関からも一目置かれる監査人になれるでしょう。

 

~静岡事務所の金融監査~

静岡事務所では、国内有数の規模を誇る地方銀行から地域密着経営を推進する信用金庫まで、様々な金融機関に監査業務を提供しています。多くの職員が一般事業会社と共に金融機関の監査に携わることができるのが静岡事務所の大きな魅力だと思います。

また、自己査定の監査スキルをすぐに身に付けるのは難しいように感じられると思いますが、トーマツでは自己査定の研修プログラムが用意されており、静岡事務所では、新入職員の皆さんが自己査定研修を受講します。研修では私なりの知見を共有することにより、新入職員の方のスキルアップを図っています。

一般事業会社の監査だけでなく、金融機関の監査でも活躍したい。そんな積極的な皆さんと出会えるのを楽しみにお待ちしています!