仙台・盛岡事務所

一覧に戻る

新人会計士の一日

 皆さん、こんにちは!

仙台事務所スタッフ2年目の中島 仁(なかじま じん)です。

論文式試験お疲れ様でした!

受験勉強の期間は長期にわたるものであったと思いますので、まずは体を休めてください。

そして、これまでできなかった趣味などに没頭して、ぜひ心身ともにリフレッシュして下さい。

トーマツ社員・職員一同、皆さんの合格を心よりお祈り申し上げます。

さて、今回は「会計士はどのような一日を過ごしているのだろう?」といった皆さんの疑問にお応えし、新人会計士の一日(一例)を簡単にご紹介したいと思います!

<通常期>

まず、通常期では繁忙期に比べて自由な時間を取れることが多く、体を動かすこと、読書や自己学習など、自分のために多くの時間を割くことができます。

私は、バスケットボールが一番の趣味で、時間があれば体を動かし、リフレッシュしています。

<私の通常期の一日(例)>
キャプチャ21年目や2年目といった新人でも、8月の夏季休暇や年末の冬期休暇に長い休みを取り、海外・国内旅行に行く方も多いです。

私は、今年の夏季休暇では札幌に食べ歩きツアーに行ってきました!

海鮮系はもちろんですが、本場のジンギスカンはとても美味しかったですね。

<繁忙期>

次に、3月期決算企業の監査を行う4~6月の繁忙期では、業務量も多い状況のため、自分の自由な時間は少なくなります。

<私の繁忙期の一日(例)>
 キャプチャ入社2年目で迎えた繁忙期は、1年目よりも業務量が増え、より忙しい印象を受けましたが、若手のうちから多くのことを経験できることは、自分の今後の成長に必ず繋がると感じています。

また、繁忙期でも、休日はしっかり自分の時間を取って休みますので、バスケットボールの大会に参加したり、日帰りの小旅行に出かけることもあります!

以上、私の一日のスケジュールをご紹介しましたが、会計士は年間の中で忙しい時期とそうでない時期が分かれていて、仕事とプライベートにメリハリをつけて生活することができます。

忙しい印象を抱かれる会計士業界ですが、仕事もプライベートも充実させたい方にお勧めの仕事です!

皆さんと一緒に働く日を、楽しみにしております。

ありがとうございました。

一覧に戻る