仙台・盛岡事務所

一覧に戻る

仙台から海外へ

皆さん、こんにちは!
仙台事務所スタッフ2年目の中島 仁(なかじま じん)です。
今回は、仙台事務所から海外短期語学研修に参加されたマネジャーの川合 友里子(かわい ゆりこ)さんにインタビューです。地区事務所から海外研修に参加した経緯や、研修の概要についてご紹介したいと思います。
それでは、川合さんよろしくお願いします。
 
海外研修について
中島「今回の海外研修はいつ・どこに・どのくらい行かれたのですか?」
川合「2017年10月下旬から3週間、ケンブリッジにホームステイをしました。平日は終日語学スクールへ行き、ヨーロッパやアジア各国から来ている社会人の方々と共に、いろいろなクラスに参加しました。グループディスカッションや全生徒の前でのプレゼンテーション、講師と1対1でのレッスンなど、日本では経験したことのないレッスンばかりで、とても刺激的でした。
毎日宿題があり、ホームステイもしていたので、文字通り英語漬けの日々を送ることができました。また、Deloitteのケンブリッジオフィスを訪れ、シニアパートナーとお話しする機会があり、Deloitte UKの監査の状況等を学ぶことができました。」
 図1

海外研修で印象に残ったこと
中島「海外研修で印象に残ったことを教えてください。」
川合「素晴らしい講師の方々に出会えたことです。研修は3週間と短期でしたが、学んだことは多く、帰国後のモチベーションや英語の学習効率がアップしたと実感しています。」
 
なぜ海外に興味を持ったのか
中島「なぜグローバル業務に興味を持たれたのですか?」
川合「シニアスタッフになった頃から将来のキャリアについて真剣に考えはじめ、公認会計士として業務の幅を広げるためには、新たな強みが必要だと感じました。様々な選択肢がある中で、①これからの時代に求められていること、②自分が得意なこと、③自分の好きなことの3つに共通して当てはまるものを追求した結果、英語力を強化し、グローバル業務に挑戦しようと決めました。」
 
英語の学習について
中島「英語の学習はいつから・どのくらいされていたのですか?」
川合「私の場合はスタートが遅く、シニアスタッフになった後、英語の勉強を始めました。それまではTOEICすら受験したことがなかったため、まずはTOEIC⇒次に英会話といったかたちで、地道にステップアップしました。」
 
制度紹介
中島「英語学習をサポートするトーマツの制度を教えてください。」
川合「オンライン英会話、ビジネスライティングなどの英語学習プログラムが利用できます。私はビジネスライティングのコースを継続受講しています。社会人になるとライティングを学ぶ機会はなかなかないため、毎回、四苦八苦しながらも英語学習にとても役立っています。英語の学習は、早く始めるに越したことはないと思いますが、私のようなケースもあるので、結局は自分を信じて継続することが大切だと思います。」
 
中島「今回の研修はトーマツのどのような制度を利用されましたか?」
川合「私が参加したのは海外短期語学研修ですが、トーマツにはタレントセレクト(実際に海外で生活し、現地メンバーと一緒に業務を行う海外研修生制度)やビジネスセレクト(海外駐在員制度)など、様々な制度が整っています。」
 
受験生へメッセージ
中島「グローバル業務に興味のある就活生にメッセージをお願いします。」
川合「私も道半ばですが、グローバル人材は求められる存在であり、会計士として活躍のフィールドが広がるので、積極的にチャレンジしてください!」
 
皆さんの合格を、心よりお祈り申し上げます!
ありがとうございました。

一覧に戻る