仙台事務所・盛岡連絡事務所

論文式試験直前期の過ごし方~勉強編~

皆さん、こんにちは!ブログをご覧いただきありがとうございます。

有限責任監査法人トーマツ 仙台事務所スタッフ1年目の小堀 佑真(こぼり ゆうま)です。

 

1か月後の論文式試験に向けて、試験直前の追い込みをかけている時期かと思います。

そこで、私が受験した際の試験直前期(以下、直前期)の過ごし方について、勉強編と生活編の2回に分けてご紹介したいと思います。

 

<直前期の過ごし方~勉強編~>

私が直前期の勉強で実践していたことは2つあります。

  • 暗記を徹底すること
  • 模試・答練の復習をすること

それぞれ詳しく説明します。

 

暗記を徹底すること

直前期は暗記を重点的に行うことで、知識の漏れがない状態を維持することが重要だと思います。私は、これまで何度も読んだテキストを直前期にさらに読み込むことで、試験本番に向けて知識が定着するよう心掛けていました。

暗記は辛いと感じるかもしれませんが、あと1か月の辛抱だと思ってテキストと向き合いましょう。

 

模試・答練の復習をすること

模試・答練と同様の問題が試験本番で出題された場合、多くの受験生が回答できると想定されるため、リスクヘッジの観点から復習をすることをおすすめします。

また、監査論や企業法などの理論科目の模試・答練の復習を行うことで、答案の作成方法を身につければ、さらに得点を伸ばすことができると思います。幸運にも、私は復習した論点が論文式試験で出題されたため、得点を伸ばすことができました。

 

勉強方法は個人差があると思いますが、少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです。

残り1か月、悔いの残らないよう頑張ってください!

 

次回は直前期の過ごし方~生活編~についてお届けします。

お楽しみに!

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)