仙台事務所・盛岡連絡事務所

パートナーに聞く仙台事務所の魅力

皆さん、こんにちは。

仙台事務所スタッフ3年目の三木 拓弥(みき たくや)です。

試験もひと段落し、就職活動に向けて各法人のイベントへの参加の準備をされている頃かと思います。

そこで、今回は有限責任監査法人トーマツの仙台事務所と東京事務所の双方で勤務経験のあるパートナーにお話を伺いたいと思います。

 

三木「まず初めに自己紹介をお願いします。」

 

澤田「仙台事務所パートナーの澤田 修一(さわだ しゅういち)です。私は1990年に東京事務所に入社し、その後現在に至る約33年の間に北陸事務所、横浜事務所への異動を経て、2020年7月に仙台事務所に着任しました。このように会計士人生の大半を地区事務所に籍をおいて、各地方に本社を置く上場企業を中心とする民間企業や国立大学法人等の法定監査や地元成長企業のIPO業務、アドバイザリー業務等、様々な業務を経験してきました。」

 

三木「東京事務所に加えて、様々な地区事務所で勤務されてきたということですが、地区事務所の特徴や、地区事務所で働くうえでのやりがいを教えてください。」

 

澤田「地区事務所の特徴としては、人員規模が東京事務所と比べてコンパクトであり、1フロアを見渡せば所属メンバーと容易かつタイムリーにコミュニケーションが取れることが挙げられます。次に地元企業や法人を対象に監査業務だけでなく、IPO業務やアドバイザリー業務など多種多様な業務に若い年次から積極的にチャレンジできること、会計士だけでなく、コンサルタント、税理士などの専門家が同じフロアで協業できる環境があり、それぞれの専門性を生かし、トータルかつシナジーのある価値提供ができることも地区事務所の特徴です。このような環境下で、プロフェッショナル集団の一員として、地元企業・法人・自治体へ業務提供することで各々の課題解決や成長を支援し、社会貢献できることに大きなやりがいを感じています。」

 

三木「会計士以外の専門家とも連携しやすいのは、地区事務所ならではの特徴ということですね。次に、仙台事務所の魅力を教えてください。」

 

澤田「沢山あるのですが、これまでの経験から次の3点を皆さんにお伝えしたいと思います。

1点目は、東北地方を代表する企業や大学等に関与する機会が豊富にあり、また、多種多様な業種、業務に関与できるクライアント基盤があることです。

2点目は、所属するメンバーは地元愛に溢れ、自走できるプロフェッショナルであり、お互いに高め合うことができる、そのような分厚い人的基盤があることです。

3点目は、会計士、コンサルタント、税理士などの専門家同士がお互いにリスペクトし、高い一体感のもと地元企業、東北地方に社会貢献したいという熱い意識基盤があることです。

これら全てが皆さんと一緒に成長できる環境基盤であり、十分に整っていることが大きな魅力です。」

 

三木「私も1年目から東北地方を代表する企業に関与しており、成長できる環境だと実感しています。次に、東北で働くことの魅力を教えてください。」

 

澤田「仙台事務所に赴任し、東北を生活の拠点として暮らしてみると、自然は緑豊かで、また、程よく都会的であり、働く場、生活する場として、とても恵まれた環境であると実感しています。Well-beingに働くことができる魅力が、東北、そして仙台事務所にあると思います。」

 

三木「仙台は快適で、非常に恵まれた都市だと私も感じています。それでは最後に、就活生に一言お願いします。」

 

澤田「皆さん、会計士試験お疲れ様でした。皆さんと一緒に成長できる環境が整っている仙台事務所で一緒に働けることを楽しみにしています!」

 

仙台事務所で働くイメージは湧きましたでしょうか。

次回は、東京での業務経験があるシニアスタッフにお話を聞きますので、ご期待ください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)