東京事務所

記事一覧へ

入社後必要なものについて

皆さんこんにちは。

有限責任監査法人トーマツ 東京事務所第三事業部スタッフの山口です。

就職活動を終えられた皆さん、お疲れ様でした!
合格発表の喜びもつかの間、すぐに始まる各法人の選考会は、本当に大変だったかと思います。

 

就職活動も落ち着き、社会人として働く日が近付き、皆さんも働く実感が徐々に湧いてきたのではないでしょうか?そこで本日は入社後必要となるもの、あると便利なものについて、簡単な理由を添えて挙げていきたいと思います。

いざ働くことを想像すると、どういうものが必要なのか、なかなかイメージがし辛いかと思います。ぜひとも参考にしてみてください!

 

①外付けモニター

監査では様々な書類を見ながら調書を作成する必要があります。

複数のモニターがあればPCのワークスペースが広くなり、非常に作業が捗るため、より効率的に作成を進めることができます。

 

②ワークチェアー

新型コロナウイルスの感染拡大によって、在宅ワークが働き方の中心となっています。在宅環境を整える必要がありますが、意外と盲点になっているのが椅子です。長時間座ることになりますので、ぜひご自分に合ったものを選ぶと良いと思います。合わない椅子の場合、腰・背中を痛めてしまいますので、ご注意ください!

 

③名刺入れ

会計士にとって、クライアントと直接コミュニケーションを行うことは非常に大切です。在宅ワークが働き方の中心になってはいますが、やはり対面で仕事を行う機会もあります。挨拶の際には名刺交換を行いますので、自分の名刺・相手の名刺をきちんと整理できる名刺入れは社会人の必須アイテムです。

 

④ビジネスバック

クライアント先へ往査する場合や、事務所で仕事を行う場合であっても、ノートPCの持ち運びが必須となります。そのため、サイズには少し余裕があると良いかもしれません。私もそうですが、最近はリュックタイプのものを使われている方も多いです!

 

以上、参考になりましたでしょうか?

入社までの残りの期間、皆さんが有意義に過ごされることを祈っています!

 

次回は「最後のご挨拶」をテーマにお伝えします。