東京事務所

論文式試験お疲れ様でした

皆さま、こんにちは。東日本第二事業部の杷野 真弓です。

まずは論文式試験、本当にお疲れ様でした。

論文式試験は丸一日の試験が三日間続くとてもタイトな日程です。三日間もあれば思うように回答できなかった科目もあったかと思います。

私の場合、一番初めに実施された監査論の手応えがなく「このあとの科目で挽回しよう」と楽観視していました。

しかし最後まで力を出し切れず「終わりよければ全てよし」とはいきませんでした。

後悔の念を抱えたまま会場を後にしましたが、「解答はもう変えられないのだから、論文式試験のことはいったん置いておいて前へ進もう」と帰りの電車の中で自分自身に誓い、その誓いをバネに試験勉強を頑張った結果、合格することができました。

 

もし私のように試験に対して悔いが残ってしまった方がいたとしても、それは試験に真摯に向き合ってきた証なのだと思います。

まずは試験勉強を最後まで走り切った自分自身を労い「お疲れさま」という言葉をかけてあげてください。

 

さて、論文式試験が終了すると瞬く間に就職活動が始まります。

「就職活動はどのように進めればよいのだろう。」

「それぞれの監査法人はどのように違うのだろう。」

「自分は監査法人に就職した後、どのようなキャリアを歩んでいくのだろう。」

など、様々な不安を抱えてらっしゃるかと思います。

 

トーマツではそんな皆さまの不安を拭うためのリクルートイベントを開催します。

監査法人についてよく知らない方も、既に具体的なキャリア形成のイメージをお持ちの方も奮ってご参加ください。

詳しい内容は、トーマツ定期採用サイトにてご覧いただけます!

 

東京事務所イベントページ

イベントのご予約にはプレエントリーが必要です。

プレエントリーがまだの方は、こちらからプレエントリーを⾏ってください。

 

次回は就職活動の流れについてご紹介します。

 

4法人東京事務所 リクルート協定

東京では大手監査法人間で採用活動における協定を締結しております。
接触可能期間をはじめ各種ルールを設けており、大手4法人は当協定を遵守し、活動してまいりますので東京での就職活動をご検討されている方は「こちら」をご一読ください。

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)