東京事務所

業務紹介~金融~

ご挨拶・自己紹介

皆さん、こんにちは。

金融事業部シニアマネジャーの川上 貴之(かわかみ たかゆき)です。

今回は金融事業部の雰囲気や、キャリアなどについて紹介したいと思います。

金融事業部の雰囲気

金融事業部と聞くと、堅いイメージを持つ方も多いかもしれません。しかし実際は、物腰柔らかく、フレンドリーなメンバーがほとんどです。

業務では、プロフェッショナルとして活発に議論をすることもありますが、業務外では、チームメンバーで食事をしたり、遊びに行ったりという機会が多々あります。

また、おおよその年間スケジュールが決まっている業務が多いため、プライベートの予定が立てやすく、まとまった休暇をとることも可能です。

(写真は監査チームメンバーで山中湖にキャンプへ行った時のものです。)

『金融機関は一般事業会社と会計処理などが異なり難しい』と考えられがちですが、金融事業部では、チーム単位で丁寧にOJTをするという意識が強く、チームの先輩たちが、分からない前提で一から仕事を教えてくれるため、金融初心者でも心配はありません。

受験生時代はデリバティブや有価証券などに苦手意識があった私でも、今では金融事業部のプロフェッショナルとして働いていますので、ご安心ください!

金融事業部から広がる多様なキャリア

企業活動の潤滑油である金融に関する業務を経験することは、様々な業種の理解・キャリアの選択肢の幅広さにも繋ります。

会計士としては、金融に限らず担当業種での専門性が求められますが、金融はどの業種にも関係してくるため、汎用性が非常に高いと感じています。

また、金融事業部特有のキャリアとしては、金融庁への転籍があります(公務員は兼業が禁止のため、一度転籍という形となります)。

私も金融庁への転籍経験者です。

私が在籍したのは金融庁検査局というところですが、民間企業では経験できないような業務を任せていただき、非常によい経験になりました。

金融機関は金融庁の動向を常に注視しているため、金融庁での経験は、監査クライアント、アドバイザリークライアントを問わず、業務に非常に役立ちます。

また、金融庁でたくさんの魅力的な方と出会えたことは、私のキャリアに限らず人生の財産だと感じています。

最後に

会計士として最初の一歩を踏み出すにあたって、法人・事業部選びは非常に大きな選択だと思います。

皆さまが、最良の選択をできるよう祈っています。

 

4法人東京事務所 リクルート協定

東京では大手監査法人間で採用活動における協定を締結しております。
接触可能期間をはじめ各種ルールを設けており、大手4法人は当協定を遵守し、活動してまいりますので東京での就職活動をご検討されている方は「こちら」をご一読ください。

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)