東京事務所

業務紹介~IPO~

皆さま、こんにちは。東日本第二事業部スタッフ2年目の中田です。

本日はIPO業務についてお伝えします。

※写真はチームメンバーとの親睦会の際のものです。

私は昨年3月にトーマツに入社し、3つの監査チームに配属されました。

就職活動時にIPOへの関与を希望しており、うち一つがIPO準備会社の担当チームでした。

その会社は無事に上場を果たし、現在は上場企業として監査を受けています。

 

そもそもIPOとは何かご存知でしょうか?

IPOとはInitial Public Offeringの略で、会社が株式上場することを意味します。

株式上場にあたって、会社は上場申請を行う会計年度の前2期分から監査証明が必要になります。

そのため、監査法人は上場を目指す会社の課題調査や監査受諾のための調査を行い、受諾後は直前2期分の監査を、申請期には有価証券届出書等の監査を行います。

また、上場後も監査法人は、会社が上場企業として活動していくための長期の伴走が期待されます。

つまり、IPOと一口に言っても長期間・多段階のプロセスによって成り立っています。

 

私が就職活動を行っていた当初はIPOについて詳しく理解していませんでしたが、監査法人の社員・職員との面談を通して少しずつ理解が深まり、興味を持つようになりました。

実際にIPO業務に関与してみて、様々な利害関係者が上場という一つの目標に向かって尽力しているのだということを感じました。

また、会社が上場するとニュースになることもあり、社会的にインパクトのある仕事に関与したのだということを実感しました。

難易度の高い業務ではありますが、チームの先輩が丁寧に教えてくださるので、興味があれば気後れせず挑戦してみてはいかがでしょうか。

トーマツにはIPO経験が豊富な社員・職員が沢山いますので、ぜひイベントや個別面談で詳細を聞いてみてください。

 

4法人東京事務所 リクルート協定

東京では大手監査法人間で採用活動における協定を締結しております。
接触可能期間をはじめ各種ルールを設けており、大手4法人は当協定を遵守し、活動してまいりますので東京での就職活動をご検討されている方は「こちら」をご一読ください。

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)