東京事務所

女性のキャリア紹介

皆さま、こんにちは。金融事業部マネージングディレクターの福田です。

今回はトーマツにおける女性のキャリア例として、私の経験をお伝えできればと思います。

 

就職活動中、私はあまり成し遂げたい仕事や行きたい業種など希望がなく、とりあえず家から一番近くて通いやすい就職先を探していました。私の母親は、フリーランスで翻訳の仕事をしており、いつも家にいました。その姿を見ていたので、私も2年間程どこかの会社で少し社会人経験を積み、その後結婚して、子どもができたら近所の子にピアノか英語を教えるような生活ができれば良いな、と思っていました。

 

しかしながら、気づけば2年で辞めることなく、長年トーマツで働いています。

 

トーマツでは毎日何か新しいことを学ぶ機会があり、発見も多く、飽きることを感じません。今でもそうです。同じような一日が繰り返し来ることはほぼありません。いろいろなメンバーと一緒に仕事をして学ぶ機会がありますし、多くのクライアント、さまざまなサービス提供に関わるチャンスがあります。日々の新しい発見が今でも新鮮で長年楽しむことができています。

 

また、私は育った環境の半分以上がアメリカでした。トーマツで仕事をしていくうえで、1つだけ私の軸になっていたのは英語を使うことでした。入社当時から英語を使う業務を希望しており、希望通り英語を日々使いながら海外の人と連絡を取り合うことのできる業務に携わっています。入社当時の上司はアメリカ人で、海外からの駐在員とも仕事をする機会に恵まれてきました。

 

 

今は子どもが3人いますが、在宅と出勤を使い分け、子育てもしながら仕事をすることができています。子どもが学校から帰ってきたときに「おかえり」と迎えることができ、また、決まった時間になれば「宿題終わった?」など声掛けをすることもできています。驚くことに最近は小学校の息子も保育園児の娘も、私の姿を見て「大きくなったら家でパソコン使って仕事したい」と言っています。

 

トーマツには、仕事内容や働き方を自分で選択しながら、仕事を続けていける環境がありますので、自分のライフスタイルに合わせて仕事を長く続けられているように思います。

 

4法人東京事務所 リクルート協定

東京では大手監査法人間で採用活動における協定を締結しております。
接触可能期間をはじめ各種ルールを設けており、大手4法人は当協定を遵守し、活動してまいりますので東京での就職活動をご検討されている方は「こちら」をご一読ください。

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)